漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」83話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」83話のネタバレ

バーベキューの匂いが広がり、皇宮に立ち寄った人々にも興味を持ってもらえたので、今回のパーティーは大成功である。

立ち寄ってくれた人物は、アイリスに友好的と思われるので、その顔も確認できたのは良かった。

いざというときに助けてくれるかもしれないと考えていると、いつの間にか背後にイアンが立っていて、物陰に連れ込まれる。

彼に抱きしめられ、顔を赤くするアイリス。

イアンは、庭園でキスされたこと、自分は10倍返ししてもらう性分だと言い、アイリスにキスをする。

アイリスは彼を押しのける気にはならなかった。

数日後、アイリスは昭嬉姫に会いに行くと、姫は嬉しそうに駆け寄ってきた。

この前のパーティーで昭嬉姫に興味を持ってくれた貴族が、嘉遠国の王族を招待してくれることになったのだ。

彼女の兄である国王は来ないが、他の兄弟が来てくれるのだという。

昭嬉姫は、アイリスが自分のために細かく計画してパーティーを開いたことを理解していたので、アイリスに抱き着き、礼を言う。

そしてアイリスが、昭嬉姫の持つリザ皇妃の情報を欲しがっていることも理解していた。

リザ皇妃は、嘉遠国王・姫の兄から多くの政治資金をもらっていたが、リザ皇妃の要望はとどまらず、嘉遠国の財政が弱まるほどだった。

これを皇帝にバラすと脅したところ、このような僻地に押し込められることになった。

嘉遠国の不正もバレることになるので、実際には姫は皇帝に話すことはできなかったのだ。

証拠となるようなものはあるかと聞くと、兄を困らせるわけにはいかないというので、姫の証言なしでも証拠となるものが必要だと説明するアイリス。

嘉遠国の名が表面化されないように手を打つとまでいうアイリスに、昭嬉姫は、密書があると教えた。

アイリスは、イアンとリュウにそのことを教える。

それが見つかれば、他国の金を不正利用したリザ皇妃を排除することができる。

そこでダニーを皇宮に入りこませ、調査することにしたのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」83話の感想

なんとリザ皇妃は嘉遠国から支援してもらっていたのですね。しかも密書があるそうです。

これさえ見つけることができれば、リザ皇妃を追い払うことができます。最大の敵を倒すことができますね。

ネラはチョロチョロ悪だくみするかもしれませんが、さすがにリザ皇妃ほどの権力は持っていないので、リザ皇妃を倒しさえすれば、アイリスは平穏に生きることができると思います。何せイアンと恋人同士ですし。

イアンは両思いだと確信してから、かなり大胆な行動に変わりましたね。リザ皇妃さえ押しのければ、二人は堂々とお付き合いできるので、やはり密書を最優先で見つけなければなりませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください