漫画「捨てられた皇妃」最新話133話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた皇妃」最新話133話のネタバレ

ケイルアンは、アリスティアの性急な行動を止めてくれたルブリスに謝意を述べた。

ルブリスは、娘の幸せが最優先なケイルアンなら、血の誓いをしなくても今の状況を変える方法があることを知っているはずだと言う。

それが聞こえたアリスティアは驚く。

ケイルアンは、その通りですと答える。

ルブリスは、前回白紙に終わった案件に今日のことまで加わり余波は大きいが、全力でアリスティアを守るから、もう少し時間が欲しいと頼んだ。

夜、ケイルアン、アルキント、ルースの3人で飲んでいた。

ルースは、病弱なアレクシスと行方知れずのアレンディスについて悩んでいた。

こんなことなら次男を後継者にしておけば良かったと嘆く。

父親たちは、自分のせいで子供を不幸にしたのではないかと、それぞれ悩む。

その様子を見ていたアリスティアは、幸せになる方法がわからないと、父に申し訳なく思う。

アリスティアは溜まっていた手紙を読む。

アリスティアが毒で気を失っている間に届いたもので、どれもルブリスの手書きだった。

アリスティアが心配でたまらないこと、自分の立場のせいでアリスティアに苦労させていること、どれだけアリスティアを愛しているかが書かれていた。

アリスティアは、彼を信じてもいいのだろうかと考え始めたが、もう傷つきたくないと、また気持ちに蓋をした。

数日後、大神官がモニーク侯爵邸を訪れ、4人目の大神官にトラブルがあったらしく、帝国を離れるからと、最後の祝福をしていった。

わけもなく胸騒ぎがするまま、アリスティアは騎士として勤め始めた。

騎士団の再編成で業務が増え、アリスティアはルブリスの補佐をやることになった。

ルブリスは少し青白く見えたが、他は特に変化はなく、あのときのことも彼にとっては大したことではないのだろうと、少し寂しく感じる。

ハレンがやってきて、ゼナ公女が謁見に来たと知らせる。

アリスティアは退室しようとするが、ルブリスがそれを止める。

美優は、新しく入手した茶葉と、手作りの品をルブリスのためにと持ってきた。

ルブリスは、お茶の時間まで保管するようにハレンに命じ、忙しいからと美優を帰らせる。

アリスティアは思わずクスっと笑ってしまい、美優に睨まれる。

アリスティアとルブリスは業務を再開するが、ルブリスはひどく疲れたようで、頭を押さえ始めた。

心配するアリスティアの目の前で、ルブリスはそのまま気を失ってしまうのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話133話の感想

ケイルアンは、ルブリスに謝りにきたのですね。血の誓いはアリスティアの暴走だったようです。

ケイルアンは血の誓いを終わらせたいようなことを言っていたので、いくら娘の意思を尊重すると言っても、本心では嫌なのでしょうね。ルブリスが拒否してくれたおかげで、回避できました。

そんなルブリスは、過去でも現世でも、アリスティアが愛しくてたまらないようです。ただアリスティアは恐れから逃れることができず、ルブリスに心が開きつつも、認めることができません。あれほどの悲劇を経験したならば仕方ないでしょう。

美優からすれば、そんなアリスティアのことは理解できないでしょうね。

また、ルブリスが倒れてしまいましたね。今度はアリスティアが彼を助ける番でしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください