漫画「彼女が公爵邸に行った理由」140話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

小説内に転生してしまったレリアナが、生き残るためにある公爵と婚約取引をし、互いに惹かれあっていく、転生系恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」140話のネタバレ

レリアナの転生前、凛子が屋上にいるときに、男性の雰囲気をもつスーツを着た女性が話しかけてきた。

紫の瞳のその人は、親し気に凛子に話しかけてくる。

屋上にどうして来たのかと凛子が尋ねると、空席のためにキャスティングしに来たのだという。

そして凛子を選んだというので、大学に行かなければならないからと、断ろうとする。

大学に行くことができれば満足なのかと聞かれ、どういうことかと不思議に思っていると、スマホに大学の合格通知が届いた。

大喜びする凛子に、もう満足したかと言うその人物は、じゃあねベアトリスと言い、凛子を屋上から突き落とした。

そして場面は戻る。

レリアナに剣を突き刺そうとしたベアトリスだが、目覚めたレリアナがその剣を握り、なんとか殺されまいと抗っていた。

死んでよと叫ぶベアトリス。

レリアナは全て見たと言い、レリアナ・マクミランと名を呼んだ。

ベアトリスが動揺し、剣を持つ手が緩んだ隙に、レリアナは彼女を突き飛ばす。

黒い神女に会ったのは貴女だけではない、これまで私を殺そうとしたのがたかがそんな理由だったとはと言うレリアナ。

レリアナは銃が奪われたことに気づく。

一方、たかがという言葉に怒ったベアトリスは、それなら仕方ないことだったとわかるはずだと言う。

そんなことはない、私はこの体で生きてきたと、レリアナは言う。

ベアトリスはクスっと笑うと、それももう終わりではないか、仕方ないことを変えようとしただけと言う。

レリアナは、世界で一番自分がかわいそうと思いながら、自分の運命に立ち向かうことなく他人の運命を奪おうとしたのだろうと指摘する。

それならどうすれば良かったのかと叫ぶベアトリスに、レリアナは、何故そんなことを聞くのか、母親に聞けばいいではないかと言う。

続けて、もうそんなことはできなかったな、優しい両親に可愛い妹まで与えてくれて感謝すると、冷ややかに話す。

自分は楽しく過ごせたが、あなたはその体になって幸せだったのかと問うと、ベアトリスの顔は怒りで歪み、あなたさえ死ねばと剣を振り下ろした。

だがレリアナは微動だにせず、ノア、と呼んだ。

いつの間にか来ていたノアが、ベアトリスの手首をひねり上げ、剣が落ちる。

絶望するベアトリス。

来てくれると思ったと微笑むレリアナに、約束したからと答えるノアなのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」140話の感想

凛子が屋上で出会った人物は、あの黒い神女なのでしょうか。

139話を見る限りでは、瞳の色と顔つきが違うようなので、ちょっとわからなくなりました。地球の次元だと、あのような容姿ということなのですかね。

さて、レリアナはいつの段階で気づいていたのか、ベアトリスの剣を防ぐことができましたね。切れ味の鋭い剣だったら、そのまま手を裂いて刺さりそうなので、かなりギリギリの状況でした。

ベアトリスとレリアナが入れ替わっているので分かりづらいですが、結局、旧レリアナ・マクミランは、自ら不幸になったようですね。

不幸から抜け出せないままです。旧レリアナの魂は不幸になるという女神の脚本は絶対なのか、ただ自分でその運命を選択し続けてしまったのか。

今のレリアナは、レリアナの設定でも皆に愛されつつ、うまく生き抜くことができましたが、それはベアトリスの魂が幸せになるという女神の脚本が影響しているのか、どうなのでしょうね。

旧レリアナは仕方がなかったと言っていましたが、このままでは殺される、不幸になるしかない、そういう運命だからと言われ、本当に追い詰められていたのでしょうね。

うまく回避できなければ死ぬという状況で、自分の命でなく、他人の命をかけてしまったのが全ての過ちでした。抗おうとせず奪うことを選んだのですね。

そして結局、入れ替わりが無意味のように、今のレリアナには全てが与えられ、彼女には何も残りませんでした。

ノアは、134話でレリアナと約束した通り、助けにきてくれましたね。さすがデキる男です。

今回でようやくラスボスが捕まったので、この物語ももうすぐ終結しそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください