漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」69話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品です。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」69話のネタバレ

栄楽祭当日。

アイリスは、イアンから贈られた美しい白いドレスを身につけ、会場へ。

モルタ子爵の馬車も到着し、以前と違い明るくなったモルタ子爵夫人と話す。

モルタ子爵夫人は情報をくれるようになった。

アイリスがハワードに暴力を振るわれたことを知っており、体の調子はどうか、彼は反省しているから栄楽祭に行かせてもよいかという手紙にはどう返したのかと聞くので、アイリスは、彼の反省と成長のために断ったと話す。

二人で仲良く話していると、マリアンヌ・カマンディ侯爵令嬢とその取り巻きが声をかけてきた。

アイリスのパートナーは誰かと聞きつつ、アイリスの答えを聞かず、アイリスがグライフ家まで押しかけ、全部水に流すから破談はやめてと頼みこんだのでしょうと、アイリスを嘲笑しだした。

アイリスは、何のことかわかならないが、そう信じたがっている人に何を言ってもムダでしょうと、笑顔で返す。

モルタ子爵夫人は、令嬢達は群れているだけで大した敵でないこと、一人でも強いアイリス嬢に嫉妬していることを、アイリス自身が理解しているのだと気づき、頼もしく感じる。

だが令嬢達はまだめげず、自分たちにはパートナーがいるから、まだアイリスよりは上だと思っていた。

何故一人なのか、カマンディ侯爵令嬢は従兄弟と一緒です、そういえばアナキン卿とは仲違いしていましたねと、皮肉り始めた。

レイセンとの談話で、アイリスは術師の力を見せたのだが、皇宮からまだアイリスは術師だと公表されていないので、アイリスが術師だと信じきれず、術師相手にこのような横暴なことをするようだ。

女性一人で歩くのは笑われるから、一緒に行きましょうと言うマリアンヌ。

もちろん馬鹿にするためだ。

だがそこに、アイリスの名を呼びながら、アナキン、リュウ、テリア、イアンがやってきた。

アイリスのパートナー役を奪い合う男性達。

イアンもアイリスのエスコートを買って出るので、残されたマリアンヌは俯く。

そうして両脇からそれぞれ手を取られたアイリスが会場に入ってきた。

リザ皇妃側は、アナキンと卿と公爵が親しいからあのようになったのか、せっかくソリアにしたのに公爵にとられるのではとざわつく。

リザ皇妃は、アイリス兄妹に、自分に服従する方法を教えてやらねばなるまいと、考えるのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」69話の感想

モルタ子爵夫妻の夫婦関係がよくなってから、夫人はアイリスを慕うようになりましたね。アイリスは一人でも強いのでしょうが、隣に味方がいるのでとても心強く思っているのではないでしょうか。

アイリスを見下すために、カマンディ侯爵令嬢が懲りずにやってきましたね。アイリスのドレスはイアンが贈ったものなのですが、それを知ったらまた泣き出してしまうのでは。

マリアンヌ達は、少しでもアイリスの優位に立とうと、ねちっこく皮肉をいいますが、イアン達が登場したことで完全に負けてしまいました。

皆がアイリスをエスコートしたくて仕方がないので、アイリスは両手で順番にエスコートされていました。

永楽祭は皇宮での催しものなので、当然リザ皇妃の目に入り、ソリアになったにも関わらず、目をつけられてしまいました。彼らはちょっと控えめにしないと、大事なアイリスが窮地に立たされてしまいます。

かといって、ハワードにエスコートされるのは無理だし、パートナーなしでも笑い者にされるので、難しいですよね。

とにかく彼らは、アイリスが好きすぎて止まらないようですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください