漫画「アデライド」76話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争に絡んでいくことになります。そんな中で育まれる、アデルとエリアスの恋愛を描いたファンタジー作品です。

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、ラスカス市では、エリアス公爵家の騎士を連れたアデルが話題になった。

そこで兄のエドモンドを見つけ、どうしてここにいるのかを説明する。エリアスに対し怒りを覚えるエドモンド。

一方エリアスは、彼女がラスカス市にいるのではと見当をつけやってきた。エリアス家の騎士を見つけ、アデルにもようやく会えた。

そこへ荷物持ちにさせられたエドモンドも合流したが、エリアスは彼と面識がなかった。そこでアデルは、エリアスに嫉妬させるために、愛してくれる男性だとエドモンドを紹介するのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アデライド」76話のネタバレ

動揺するエリアスだが、あの短期間でアデルが恋に落ちるはずがない、あの男が一方的に言い寄っているだけなのだろうと考え、落ち着こうとする。

アデルの気持ちはどうなのかとエリアスが聞くと、愛してくれない人にしがみつく気はないと、アデルは答えた。

ショックを受けるエリアス。

いつのまにか周りに人が集まり始めたので、ここで長話をするわけにはいかない、アデルの滞在先に行こうという話になり、皆で歩き始める。

アデルはエリアスを閣下と呼び続ける。

そしてエリアスに、この男性は自分の2番目の兄エドモンドです、ときちんと紹介すると、プイっとエリアスに背を向けるのだった。

ホッとするエリアスだが、お兄さんだったのかと時間差で驚くのだった。

そうしてアデルの宿泊先に移動した一行。

アデルは、私に言いたいことがあって来たのではと、不機嫌そうに聞く。

思ったより彼女の心を傷つけてしまったようだ、どうしたら良いのだろうと思い、たじろぐエリアス。

エリアスは、あの日きちんと質問に答えられなくて申し訳ありません、あの後どれほど貴女を愛しているか気づきましたと言う。

すぐに伝えようと思ったのだが、夜遅かったため、日を改めようとしたところ、このような状況になったのだと説明する。

アデルは、もう遅いとは思いませんかと言う。

初めは閣下と結婚するのも良いかと思った、自分が閣下の問題解決に協力すれば家の格差が相殺されると思った、でもいつまたルイのような人が現れるか分からないと話す。

エリアスは、二度とそのようなことが起きないようにすると言うが、アデルは、未来に何がおきるかなんてわからないと言う。

それに、仕方なく自分と結婚するのではという話に、閣下はすぐ答えてくれなかった、自分にはそれが一番大きな衝撃だった、今更信用することはできないと話す。

エリアスは、その点は私が間違っていましたと謝り、幼少時代のトラウマで、愛に対して強い抵抗感があったのだと話す。

でも今は違う、貴女を愛しています、貴女がいない未来は考えられませんと言い、彼女の手を握る。

思わずジーンとする彼女。

だが気を取り直し、でも社交界の人々は、私をルイと同類だと見るのですと言う。

突然現れた無名貴族の令嬢が婚約者になるなんて、何か裏があるに違いないと他の人は考えるのだと。

人々から後ろ指指されるような生活をするのは嫌なのだと話す。

エリアスは、心から貴女を愛しているからプロポーズしたのだと、社交界の人々に宣言しますと言うが、誰がその言葉を信じるのか、噂をかき消すための台詞に聞こえるというアデル。

口ごもるエリアスにアデルはため息をつき、誰もが羨むようなプロポーズをしてよ、と心の中で突っ込む。

そこで、しばらく考えるための時間をくださいと言う。

今は何を言われても受け入れることができない、ラリサの婚約式に帝都に戻るので、その時またお会いしましょう、きちんと誠意を見せてください、と言い、アデルは部屋を出て行った。

残されたエリアスは茫然とする。

そこへ、リタとエドモンドが、花束すらなくお嬢様を迎えにくるとは何事か、マナーがないと、エリアスにダメ出しした。

アデルの気持ちを掴むには行動で示すべきだ、帝国中にアピールしなければ駄目だと詰め寄る。

だがどうすればいいのか全くわからないエリアスなのだった。

漫画「アデライド」76話の感想

エリアスは、謎の男性がアデルの兄だと知ったものの、全く安心できる状況ではないですね。

気持ちだけが先走り、彼女が望むプロポーズまでできていません。エドモンドやリタにきつくダメ出しされる始末。

確かにエリアスほどの相手ならば、今後もアンナのように勘違いする女性や、ルイのようにでっちあげて近寄ってくる女性が現れないとも言えません。

そのために、アデルも何か裏取引をしたのではと疑惑を持たれたままではなく、エリアスがアデルを愛していることを帝国中に知らしめなければなりません。

でもこれって結構難しいですよね。疑う人は何をしたって疑うと思いますし。盛大なプロポーズをした後も、エリアスが彼女に尽くす姿を皆に見せ続けなければ、いつまでも言われることでしょう。

エリアスはどうしたらいいのかパニックになっていましたが、どんなプロポーズをすることになるのか、楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください