漫画「捨てられた皇妃」最新話102話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます


前回のあらすじは、頭脳明晰であったゆえに、父から疎まれ、両親から愛されずに育ったアレンディス。彼は見返すために、父がアレクシスの相手にと考えていたアリスティアを先に奪い、ゆくゆくは結婚し爵位を得ようと考えていた。

実際に彼女に会ってみると、その美しさ聡明さ、そして自分と同じく愛情に飢えているところに惹かれ、どうしても彼女が欲しくなった。

だがそのうちに、彼女の周りには自分以外の人が集まるようになり、激しい嫉妬心を抱くように。そして大きな失敗を犯してしまうのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「捨てられた皇妃」最新話102話のネタバレ

自分だけを頼り見つめてほしいと彼女に執着し続け、間違ってしまった。

アレンディスは、他の男と合わせたドレスを着て、他の男と手を取り合って踊るアリスティアを見て、僕を捨てないでと不安になった。

とある日、貴族派が接触してきた。

帝国内ではアレンディスが兄より優れていることを知らぬものはいない、私たちと手を組んでくれれば、公爵の座を約束すると。

貴族派と手を組むのは気が進まなかったが、アリスティアとの仲を邪魔してくるモニーク侯爵を排除できるのであれば、悪くない手だと考えた。

しかしそのように立ち回ったせいで、アリスティアは独り立ちを始め、多くの人々に囲まれるようになった。

そして一番興味を持ってほしくなかったルブリスが、彼女の美しさに気づいてしまったのだ。

もはやどうすればよいのかわからなくなり、絶望に似た願望を抱き、裏地にデラの花の刺繍をつけたリボンで、彼女の髪を結った。

それでもついには彼女の影となり、星や月のように彼女と一緒に輝くことはできないだろう。

絶望するアレンディス。

その頃、目を腫らしたアリスティアが部屋から出て、父や使用人達に謝罪していた。

ケイルアンはため息をつくと、気にしなくていい、話したくないこともあるだろうと言い、慰める。

アリスティアは、アレンとは二度と笑って話すことがないかもしれないと思う。

しかし、アレンのような恋愛感情はなくとも、父と同じように大切な存在だと思っていることは知ってほしかった。

初めて友人になってくれ、凍てついた心を溶かしてくれた優しい人だからだ。

少し時が経ち、トラブルの多かった建国祭が終わり夏も近づいた頃、騎士団は団結と再編成のために、模擬試合を行った。

ケイルアンとラス公爵は、貴族派が騒ぎを起こしてくれたおかげで、リサ国とルア国を制御下に置くことができたと話す。

モイーラは帰国する際かなり騒いだようで、2人は呆れる。

陛下がアリスティアのために、ゼナ公爵に最終通告をしたので、公爵も大人しくなるだろう、というラス公爵。

本当に公爵は大人しくしているだろうかと思い、あいまいな返事をするケイルアン。

そうこう話しているうちに試合が終わった。

近衛騎士と戦ったアリスティアのチームは、かなり善戦したので評価される。

第一騎士団13分隊・分隊長カルセイン他9人に健闘を称え、記章と剣を授けると表彰される。

ルブリスはアリスティアに記章をつけてあげる。

騎士になり初めてあげた成果に、これで少しは認められただろうかと感動する彼女。

だが、ルブリスは、ますます彼女が遠ざかる気がして浮かない表情だ。

ケイルアンは、久しぶりに親子でゆっくり過ごそうと誘い、一緒に帰宅するよう誘う。

その様子を伺っていたルブリスはハレンに声をかけると、彼は指示されたことは滞りなく実行していると答える。

その後、アリスティアとカルセインは、他愛もない会話をしながら皇宮内を移動していた。

シーモア卿がいなくて良かった、いれば作戦がばれていたかもしれないなというカルセインに、そういえばシーモア卿を見かけなかった、別の任務中なのかなという彼女。

すると、遠くにアレンディスの姿が見えたため、カルセインが声をかけ記章を自慢する。

だがアレンディスは無視して立ち去った。

とうとうアリスティアの前でも、ひねくれた本性を現すようになったかと呆れるカルセイン。

しばし無言の後、また喧嘩したのかと言うので、アリスティアはそういうことではないと答える。

その後、アリスティアは父と共におでかけする。

父の腕にぴったりくっつき甘えるアリスティア。

ケイルアンも嬉しそうだ。

二人は礼服店に向かうのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話102話の感想

前回に引き続き、アレンディスの心情が描かれていましたね。

彼の失敗は彼女を信用しきれず傷つけてしまったこと、彼女が愛する彼女の父を排除しようとしたことでしょうか。

いい友人には戻れると思うので、アレンディスは気持ちを切り替えていくしかないですね。長々アレンディスの話が続いたので、ここで彼の恋は終わりなのでしょう。

一方アリスティアは、着々と実力をつけています。ルブリスの好意をよそに、このまま立派な帝国騎士になれそうです。

ルブリスはハレンに何か頼んでいたようですが、アリスティアとケイルアンが二人で過ごすという話を聞いていたようなので、何かまた贈り物でも用意しているのでしょうか。

そしてカルセインのポジションは完全に恋愛レースから外れている感じですね。カイシアンは意外にグイグイ進めて、恋愛成就しましたが、反対にカルセインは恋愛に奥手なようです。普段の言動と間逆なのが面白いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

1 COMMENT

たぬき

は?
アレンディスが、アリスティアを傷つけた?
全くそんなシーンはないはずです!

何故なら、転生だの何だの変な話を、唯一親以外で知ってるのはアレンディスだからです

あんな話は最初は訝しまれて当然です。
アリスティアは被害者ぶる程の事でもなかったです。精神的弱過ぎます

それでもアレンディスは次には信じたじゃないですか

設定上仕方ないとは言え、アレンディスに愛されていながら、才能溢れるカルセインと噂が立つほど親しくしたり、
逆にアリスティアがアレンディスを嫉妬させ苦しめてきたんでしょ?

設定だから仕方ないとしても次々いろんな男と親しくなり、隠れビッチなのはアリスティアでしょ!

ヒロインだからとヒロインばかり贔屓したような表現しないで!
あなただけじゃないでしょうが、世の中残酷な女性が多すぎです。
ヒロインだけ幸せなら良いんですか

ただでさえ傷ついてるキャラを、なぜ無責任に更に貶めるんですか?
優しくない人ですね、呆れます

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください