漫画「盗掘王」52話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。


前回のあらすじは、アイリーンとキイラの戦いが始まった。

一方遼河達は、遼河所有のビルに移動し、不老草でホルトン夫妻を治療する。

その後アイリーンのところまで移動。彼女たちの戦いは激しく、街は廃墟になっていた。

無事アイリーンと合流すると、キイラが突然消えたのだとアイリーンは話す。どうやらキイラの遺物の、変身リスクが発動したようだった。

芋虫になってしまった上、よく見えないまま移動するキイラ。そしてとうとう、遼河に捕まってしまうのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「盗掘王」52話のネタバレ

遼河に捕まってしまったキイラ。

遼河はアイリーンに、あなたのおかげで勝つことができた、それとご両親の治療を終えてから来たので心配しないでくださいと話す。

アイリーンは、なんとお礼を言っていいかと大喜びだ。

アイリーンとキイラの遺物の衝突が終わると、ニューヨークは平和な街に戻った。

ホルトン夫妻は祝賀パーティーをひらこうとしたが、遼河は先にキイラの処理をしなければならなかった。

遼河の指示で、柳はゴッホの絵の遺物のフェイクを作成。

遼河が、偽物は本物の力をどれだけだせるかと聞くと、詐欺のために使ってばかりだったから、どれほど使用できるかわからないとのこと。

可能な限り、キイラの力を削る必要があった。

そして遼河達は、ホルトン夫妻所有の第二邸宅へ移動。

手入れされていないと言われたが、大富豪の家だけあって、室内は豪華だ。

だが柳は満喫する間もなく、贋作作りをする羽目に。

柳を別室に移動させると、遼河はキイラの力を削ぐべく、床に芋虫を叩きつけた。

誰がこんなことを、いつまでこんな姿のままなのかと、痛みで震える芋虫。

どうすればいいか色々考えた、だからお酒に漬けてみようと思うと言いだし、遼河は酒瓶の蓋を開ける。

酒だけはやめろと嫌がるキイラだが、為す術なく、酒瓶でシェイクされる。

すると、戦争の女神は酒で気分が良くなったので、力が弱まる、戦争の女神の精神がなくなると表示がでた。

効果があったようだと笑う遼河。

エジプト神話によると、人類は太陽神に対し反乱を起こし、太陽神ラーは鎮圧するためにセクメトを送った。

セクメトはとても残虐で、人類滅亡の危機に瀕してしまった。

そこでラーは赤い色素を入れたビールを地上流し入れる。

人間の血だと勘違いしたセクメトは飲み干し、酔ってしまったセクメトは愛の女神ハトホルに変わった。

これにより人類は滅亡を逃れたのだ。

この伝承により、セクメトは酒に弱く、過去でも酒を使いキイラを倒したのだった。

酒でシェイクしたが、キイラ芋虫は無事で、いい気分で酔っている。

これで下準備は終了したので、あとはキーとなる柳のフェイクを待つのみだ。

柳が仕事を終えた頃、屋敷の周囲をキイラの部下が包囲した。

柳は焦るが、遼河は敢えて遺物の痕跡を残し、部下らを誘いだしたのだ。

そしてキイラの部下たちが突入してきた。

部下の声が聞こえたので、キイラは酒瓶をガタガタ揺らす。

遼河は、銃をむける軍人たちに、キイラの入った酒瓶を投げつけた。

瓶が割れ、芋虫キイラが飛び出るが、軍人は気付かず踏みつける。

芋虫が潰れないので、意外と固いなと芋虫キイラは何度も踏みつけられる。

すると戦争の遺物の主人が負傷したため、力を発揮できないとウインドウが遼河に教える。

部下らに踏み続けられたキイラの心が折れ、支配力が大幅に低下。

その瞬間、遼河はゴッホのフェイクを発動させ、キイラと部下を絵の中に吸い込んだ。

絵の中では元の姿に戻ったキイラ。

お前たちのせいだと部下をボコボコにする。

キイラは、この絵画遺物から抜け出せる黒い点座標を探し出せと命令。

部下らはそれを見つけだしたが、絵の前には柳が控えており、その場で怪物を描きあげた。

怪物はキイラ達を襲う。

キイラはなんとか黒い点座標に触れるが、外に出ることはできない。

この遺物はフェイクなので、脱出できないよう細工してあったのだ。

そして遼河は、彼の主観的な基準で、キイラ達が犯した罪の分だけ罰を受けさせた。

ひどい目にあった彼女らが、アメリカ軍の軍事機密の入ったUSBを渡すから許してほしいと泣きつくまでにだ。

情報を受け取った遼河は、もうお前たちに用はない、悪いが生かしておくと後々面倒になるのがわかっているからと言い、暖炉の中に絵画を入れた。

そうして戦争王キイラは、灰となったのだった。

漫画「盗掘王」52話の感想

ちょっとチェックしてなかったのですけど、お昼に最新話が更新されたのでしょうか。俺だけレベルアップの方も72話が追加されてましたね。

さて、ついにキイラと決着がつきました。遼河は色々な方法で相手を追い詰めますね。そうそうピンチにならないので、安心して読めます。

キイラは今まで好き放題やったつけが戻ってきてしまいましたね。遼河は中途半端なことをせず、キイラを始末しました。殺人を行ったわけですが、その辺割り切って行動できるのは、流石遼河という感じですね。

見逃してやったところで、キイラによって死ぬ人間が増えるかもしれませんし、単純に自分たちにデメリットが大きいからかもしれないですが。

キイラの遺物はセクメトでしたが、これでオシリス、アヌビス、セト、セクメトと、エジプト神が結構登場しましたね。やはり有名だからでしょうか。ちなみにラーというのはハヤブサ頭の太陽神です。太陽モチーフだけに、もし遺物となって登場したら、相当なランクでしょうね。

ギリシャ神話もチラホラ登場していますが、他にも色々な神話の遺物が登場するのではないかと、楽しみです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください