漫画「盗掘王」45話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。


前回のあらすじは、アイリーンの破産の手を使い、ギャンブルでメリーを負かす遼河。

暴走した破産の力で軍人らが苦しみ始めたので、キイラの墓の居場所と、中で子供を使い何かを栽培していることを聞き出し、その後ゾンビパウダーで黙らせる。

称号を獲得したとカラスから嫌みな通知が出る。アイリーンがボディーガードを振り切り行方不明になったと聞き、遼河は彼女のオーラをたどる。

何故かモーテルにいた彼女は泥酔し、眠っていた。彼女は遼河を見るなり、いきなりキスをする。それが今回の彼女のリスクなのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「盗掘王」45話のネタバレ

キイラは赤ん坊になるリスクから解放され、無事アメリカに戻ってきていた。

部下から、遼河がトルコからニューヨークに移動した後、今はホルトン家の専用機を使い、ガーナに飛んだと報告を受ける。

トルコの墓のときにも女性が一人いた、ホルトン家の女といえばアイリーン・ホルトンだが、遼河とグルなのだろうか。

ガーナでは、現地に駐屯していた兵士が精神を操る類の遺物にやられたのか、現地で暴れ警察に逮捕されたとのこと。

遼河の仕業に違いないが、あそこには戦闘系の遺物は置いていない、彼の意図を読まなければと考えるキイラ。

また遺物で攻撃するかと部下に聞かれると、逃げられたら自分が被害を被るのでしない、だからホルトン家との関連性を調べるといい、キイラは怪しく笑うのだった。

その頃遼河達はジープで山道を移動していた。

アイリーンを見つけたことや、泊まってくるならそのように電話でもしてくれたら、こちらだってゆっくり休めたのにと、柳は遼河に文句を言う。

事情があってできなかったという遼河に、電話の一つもできない状況だったのかと聞く柳。

誰かさんに押し倒されて放してもらえなかった、リスクの影響か力がとんでもなく強かったのだと説明する遼河は、まさか彼女と一線越えたのかと驚かれるが、何もないと否定する。

一方アイリーンの方は、禁酒するようボディガードに注意されていた。

墓の近くまで来ると、子供以外は接近できない古墳化領域に入った、この墓は既に征服されたので、主人がいる墓なのだと通知が出る。

既に征服されたとは、遺物を手にいれても墓が閉じなかったケースなのかと遼河は疑問を持つ。

そこで遼河は、等級の低い遺物を渡すよう柳に指示し、またも爆発させながら進み始めた。

爆発で岩山にできた穴に車ごと突っ込む。

そうして辿り着くと、ここは既に征服された場所だから人間の道具を使うことができるとウィンドウが出る。

スマホの電波もバッチリだ。

奥には、サッカー場の3倍はある茶畑が広がっており、子どもたちがせっせとそこで働いていた。

大きな爆発音をさせながら遼河達がやってきたというのに、子どもたちは催眠にかけられたかのように、動じること無く黙々と働いている。

ウィンドウには、徐福の遺物により子どもたちが操られていること、遺物の命令により茶葉を収穫していることが表示された。

遼河は、この茶畑も遺物が作り出したのかと、カラスに質問を念じる。

すると、人身牛頭の力が宿った茶畑で、死者をも起こす香りを持ち一度味わえば忘れることのできない幸福感を得るものだと表示が変わる。

そのことから、この茶畑は中国神話に登場する神農の遺物が作ったものだと、遼河は皆に説明する。

人々に初めて医療と農耕を教えたされる神で、毒草による中毒は茶葉を噛んで解毒をしたという言い伝えがある。

徐福の遺物はここのどこかにあるだろうと言う遼河。

この墓は神農の遺物が作ったもので、ここに攻略にきたキイラは遺物を手に入れてこの茶畑を失うことを嫌がり、征服後も墓を閉じなかったようだ。

この墓には子供しか入れないという制約もあったため、徐福の遺物で近隣の子供をさらい、農夫として働かせていたのだろうと、遼河は話す。

まずは手分けして徐福の遺物を探すことに。

すると子供が柳に噛み付いた。

コイツラおかしいと騒ぐ柳。

子どもたちは目を光らせ遼河にも近づくが、彼の眼力に負けてしまいたじろぐ。

遼河は荒縄に子どもたちを縛るよう指示する。

荒縄は喜んで子どもたちを捕まえた。

だが子どもたちはまだまだ大勢いたため、そう簡単には遺物を入手できないのであった。

漫画「盗掘王」45話の感想

ホルトン家の専用機で移動しているため、ホルトン家がキイラに目をつけられてしまいました。

ただでさえ今は遺物症候群で両親は寝たきりになっているというに、キイラにちょっかい出されては、彼らの病状がさらに悪化するかもしれません。

キイラは茶畑で謎の薬草を育てているみたいでしたね。死者をも起こす、一度味わえば忘れることもできないという、なんだか危ないオクスリめいた薬草です。隠れて作っているようなので、違法なものではないかと。

そんな場所まで強引に道を切り開いて進む遼河。ここでうまくいけば、徐福の遺物と神農の遺物の2つが入手できますね。

ただこの茶畑を守っているのが、近隣の子供だから手を出しにくいです。数人なら荒縄でなんとかなりましたが、残りの子供達はどうするのでしょう。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください