漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」8話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、この世界の人物にはゴミのようにしかみえないスマホを、高額で落札したアイリス。

会場にいた者は呆れクスクスと笑うが、電池代わりに中に魔力石が入っていることを知ると、騒然となる。魔力石は誰もが欲しがる貴重な物なので、危険だと判断した金髪の青年は、いくらでも出すから買い取ると申し出るが、アイリスは断る。

彼女がスマホを起動させると音がなったので、今度は術師だと騒がれてしまった。アイリスは急ぎ帰る。

夜、スマホを確認すると、日本語でメモがあった。2021年に次元の狭間に落ち、この世界に転送されたとの内容のこのメモは、人類史上最も知能が高いという新田巧一が書いたものだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」8話のネタバレ

メモを読み進めていくと、3つの月が一列に並ぶ日、この日を60年待ち続け、地球のデータを受信する実験に成功した、直接連絡はとれなかったが、2021年までのポータルサイトのデータをこのスマホで検索できるようにしたので、これを読んでいるあなたの役に立てれば嬉しいと書かれていた。

最初のメモから60年経ったこのメモは、新田が最後に書いたもののようだ。

スクショを確認すると、カメラ、サーチ、トーク、設定、ミュージックとアプリがいくつか入っているのがわかる。

これなら以前と同じ要領で使えそうだ。

そこへ侍女のリタが浮かない顔で掃除しにやってきた。

落ち込む理由を聞くと、使用人の1人でリタの片思い相手のトムソンに、恋人ができたからだそうだ。

相手はとても綺麗な子だからと落ちこむリタ。

彼女はこのショックでやけ酒し骨折、その後なかなか治らずに苦労するのを思い出したアイリス。

リタをカメラで撮り、少しやせるとこのように綺麗になると、加工した写真を見せる。

未来を映し出す鏡なのかと驚くリタだが、綺麗になるのならよかったと元気になるのだった。

最強の武器を手に入れたと、アイリスの気分も上がる。

別の日、そろそろソリア試験の勉強をしなければと、スマホとタッチペンでメモを取り始めるアイリス。

この帝国には、権力の強い家柄で正妃だが子を授かれなかったイリア皇妃と、クラウド現皇帝が即位後に迎えた妻で、グライフ家の出身リザ皇妃という二人の皇妃がいる。

リザ皇妃の家柄はそれほどでもないが、皇帝の長子ルイ皇子を産むことで権力を得た。

アイリスの婚約者であるハワードはグライフ家の跡継ぎなのだが、そのグライフ家はリザ皇妃の力で成長したため、当主のグライフ伯爵より影響力を持っていた。

権力の中枢はリザ皇妃なので、ソリアになって彼女の心を掴まなけばならず、皇妃主催のお茶会で気の利いたドレスを着て、まず興味を持ってもらおうと考える。

新調する時間はないので、母のドレスを借りようかと衣裳部屋へ向かうと、何やら侍女らが騒いでいる。

なんと母の遺品をミサーラ子爵夫人が運びださせていたのだ。

元の場所に戻しなさいと注意するアイリス。

それを無視し運びなさいと命じる夫人。

戻してと思わず声を荒げるアイリスに、ローズ・フォレストのを少し拝借するだけなのに邪魔するなんて、とうとうアイリスの化けの皮がはがれたのだ、自分の母親のように人前では良い顔して内心私をバカにしているのだと、思い込みで憎悪し始める夫人。

そして、こんな仕打ちあんまりだわと夫人はウソ泣きを始めた。

そうやって騒ぎ立てては、皆や叔父を呼び出し、被害者のように振舞うのだ。

駆け付けたミサーラ子爵に、先代侯爵夫人のドレスに触れるなとアイリスに怒鳴られたと涙ながらに訴える夫人。

アイリスは冷静に、叔母様が私の意見を聞かずお母様のドレスを運び出したのだと説明する。

屋敷の物を使ってもいいと言ったのはあなただと言い返す夫人に、パーティーで使う食器が必要ならお貸しすると申しあげただけと答えるアイリス。

するとその騒ぎに家臣まで集まり始めたので、アイリスは、今まで通り何を使っても構わないが、母の遺品だけはどうかと泣き始めた。

夫人と同じく泣き真似をすることで、不用意な噂が立つことを防ぐのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」8話の感想

新田巧一のメモは最初の物から60年後に終わったそうなので、転生直後から60年経ったと考えると年齢的にもう生きてはいないのでしょう。どこでどのように生きていたのか気になりますね。

さすが天才だけあって、地球のデータを受信することはできたようです。同様に地球に何かしら送信できていればいいのですが。突然身内や友人から引き離されてさぞ辛い思いをしたことでしょう。

さて、復讐のためにリザ皇妃に近づこうと考えるアイリス。するとミサーラ夫人の横暴な振る舞いを目にします。

相変わらず正当な後継者であるアイリスを見下していますね。しかもいい大人なのに泣き真似までして、自分を正当化させようとしています。なかなかに不愉快な人物ですね。

ですが泣き真似ができるのはミサーラ夫人だけではないので、アイリスに返り討ちにされた模様。横暴なことが続くなら、さっさと邸宅から追い出した方が良いかもしれないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください