漫画「彼女が公爵邸に行った理由」82話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

小説内に転生してしまったレリアナが、生き残るためにある公爵と婚約取引をし、互いに惹かれあっていく、転生系恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、マクミラン邸で開かれたティーパーティーは、ご婦人たちのマウントの取り合いの場だった。男尊女卑が根強いこの王国では、女性はアカデミーに進学することはおろか、立ち入りも禁止されているため、娘しかいないマクミラン家を見下す家もいるのだ。

特にオースティン夫人は息子3人を持つので、あからさまに嘲笑してくる。レリアナの母も負けじと、レリアナが公爵の婚約者なこと等を自慢する。幼稚な争いが続いたが、突然のノアの登場によって終了する。

ティーパーティーが終わると、そろそろ帰って来いと彼は言う。その言葉に、自分の帰る場所がどこかレリアナは気づくのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」82話のネタバレ

公爵邸に帰る馬車の中、レリアナは疲れたのかウトウトし始めた。

ノアは彼女の横に移動すると、彼女の体をそっと横に倒し、膝枕をする。

そして御者にゆっくり進むよう指示。

ふと目覚めたレリアナ。

上を向くと、ノアと目が合い、これは一体どういう状況なのかと慌てる彼女。

そんなに時間は経ってないというノアだが、外はもう真っ暗だった。

疲れていると口をあけて寝る癖があるから、まさかノアの上にヨダレを垂らしてないかと、彼のズボンを触り確かめる彼女。

そうやってノアの太ももをずっとスリスリしているので、それ以上はそなたが恥をかくからやめた方が良いと言われ、彼女は正気に返った。

なんてことをしてしまったのかと顔が真っ赤になるレリアナ。

恥ずかしすぎて顔を手で覆う。

からかわないでという彼女に、悪かったと面白そうな表情の彼。

顔をあげてと言い、彼が彼女の髪をかきあげたところで、屋敷に到着した。

レリアナは馬車から逃げるように駆け降りる。

彼女が屋敷に戻ると、使用人たちが心配に何か不便はないかと聞いてくる。

突然どうしたのだろうとレリアナが不思議そうにしていると、ウィートンが捨てないですよねと叫びながら駆け寄ってきた。

何をと聞かれ、まさか友人と浮気しないですよねと言えなかった彼は、色々なことをですと、よくわからない返事をする。

そんなウィートンは、アダムに襟首をつかまれる。

捨てないでと叫び続けながら回収されていくウィートン。

だから何をと、レリアナは意味がわからないのだった。

公爵邸にある自室に戻ったレリアナ。

天井には、ウィンナイトが妻の安泰を祈願した絵が描かれていた。

その絵を見て、自分が直接経験してきたことを思い返し、自分の帰る場所はやはりここだったと彼女は微笑むのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」82話の感想

ようやくノアとレリアナの皮肉めいたイチャイチャ(?)が見れましたね。

この漫画は二人のやりとりが一番面白いので、元に戻って良かったです。

マクミラン邸もレリアナの家ですが、元レリアナが過ごしてきた時間が多いので、どうも違和感があるようです。

でもウィンナイト邸は、今のレリアナしか過ごしていません。この屋敷での思い出は全て自分だけのもの。

居場所がようやく見つかって良かったですね。

さて、マクミラン家に戻ってわかったことは、元レリアナは占い師に会っていたこと、その占い師はソロソの妊娠に関わり、殺されたことでした。

ベアトリスはもちろん、ソロソも危険人物ですね。今後どう関わってくるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください