漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」1話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品。

毎週月曜日に最新話が更新されます

現在、1~4話までピッコマにて無料で読めます。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」1話のネタバレ

反逆者はあの女だ、殺せと指さされたのは、薄紫の髪と赤い瞳をもつアイリス・フォレスト。

侍女と身を隠し逃げ出そうとしていたが、見つかってしまい、矢を放たれる。

矢が背中に刺さり苦しむアイリス。

矢を放ったのは、彼女の夫ハワード。

彼は兵士らに、彼女を射殺すよう指示する。

アイリスに注がれる無数の矢。彼女は自分が愚かだったと後悔する。

ふと気がつくと、夜空のような空間に自分が浮いており、白いモニターのようなものがあちらこちらにある。

これが走馬灯というものだろうと考える彼女。

貴族として生まれ、夫に殺されるまで、波乱万丈な人生であった。

自分に愛を誓ったはずの夫ハワード、夫や全てを奪った従妹ネラ、家族と言いつつ裏切った叔父家族などの辛い記憶。

でも優しい母の思い出もあるので、全部が全部散々なことばかりではない。

宙に浮かんでいた画像がパパパと消えると、地球で生きていた頃の記憶が蘇る。

地球では白石華奈子という女性だった。

これは自分の前世だと思い出した彼女は、そのまま意識が遠のくのだった。

とある川岸で、金髪の青年に引き上げられる彼女。

溺れていたところを助けてもらったようだ。

青年は、アイリス、アイリスと彼女を呼ぶが、彼女はうまく息ができず反応できなかった。

すると青年が人工呼吸をする。

そのおかげで、息ができるようになった彼女だが、そのまま意識を失う。

青年は、放っておけないなと呟くのだった。

お嬢様と何度も呼ぶ声で、アイリスが目を覚ますと、侍女のソフィとリタが彼女が横たわるベッドの脇で、不安そうな顔をしている。

確か矢が刺さって走馬灯が見えたはずだが、生きている上に身体になんの異常もない。

何があったのかとソフィに聞くと、グライフ卿とお出かけの最中に湖で溺れたのだと言われる。

ソフィは医師を呼びに行ったので、部屋に一人きりになったアイリス。

ベッドから降りてみると、普段以上に体調がいい。

鏡で顔を見てみると若返ったようだ。

干してあるドレスを見て、20歳の頃にハワードとパレ川まででかけたときに着たものだと思い出した。

あの時湖におぼれて大変だった、それをハワードが助けてくれたので婚約が前倒しになったのだと思い出す。

でも先程助けてくれたのは、ハワードではなく優しい声をした金髪の青年だった。

夢でも見たのかと思ったが、あの人生が全て夢だとは到底思えない、虐げられてばかりの過去を思い返すと怒りがこみ上げてくる。

そして自分が過去に戻ったことを悟る。

前世の地球での26年間の記憶も蘇ったようだ。

アイリスが困惑していると、目に涙を浮かべたネラが部屋に駆け込んできた。

過去に戻ったということは、このように過去で自分から全てを奪った者たちに再び会うようになるのだと、アイリスは気づくのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」1話の感想

「捨てられた皇妃」や「外科医エリーゼ」のように、夫に処刑される&少し過去にタイムスリップするという設定は同じですが、違うのはお互い心を入れ替え元サヤに収まるのではなく、別の男性が現れるところですね。

なのでハワードは悪印象のまま終わるのでしょう。

彼女から全てを奪ったネラも、叔父家族も、悪役は悪役として、アイリスを踏みにじった分の代償を払うことになり落ちぶれていくのでしょうね。

さらにスマホが登場します。もう少し先で出てくるかと思いますが、ネットが繋がらないし電源はどうするのか、とか色々気になる所はあります。

それでもうまく活用していくのでしょうね。どうやって使いこなすか興味があります。

1話終盤で、憎いネラがさも心配してます風に登場しましたが、アイリスがどのように対応するのか、どうかガツンと言ってほしいところですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください