漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」21話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

伯爵令嬢に転生した主人公が、爵位を守るために1年だけの契約結婚する。お相手は超絶イケメンの情報ギルドのマスター。しかし彼の本当の正体は、狂気の殺人鬼「カリアード」。殺人鬼と彼女の甘い新婚生活を描く、恋愛漫画です。

毎週月曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、エフラン家に帰りたいレイリンだったが、殺人鬼を家に入れるわけにもいかないので、彼女は実家に戻ることを諦める。

その後、話の流れで彼の口に鎮静剤の葉巻を戻すことになり、指が彼の唇に当たってしまう。

彼が呆然とするので、イタズラしたくなり、触れたその指を舐めようとするが、デリスが先に舐めた上、彼女を抱え浴室へ。

実は鎮静剤はかなりの劇物で、口に入ると死んでしまうため、彼は念入りに彼女の手を洗った。

そのまま彼女を後ろから抱きしめるデリスは、生まれて始めてこれほど心が落ち着いたことはないと言い、彼女を食べたいと言い出すのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」21話のネタバレ

その後、レイリンとカリアードはベッドにいた。

食べたいという彼の言葉に驚いたレイリンは、泣きながら暴れたので、彼がすぐここまで運んでくれたのだった。

純潔の危機だったと怯えるレイリンは、頭まですっぽり布団をかぶっている。

一方デリスは、すぐ薬を洗い落とさなければという一心で無茶してしまったかと思い返していた。

彼女が薬のついた指を舐めようとした様は、子猫や赤子のように危なっかしくも愛おしく、彼女の存在が彼にとって奇跡と思えるほどだったからだと、震える布団を見つめる。

翌朝、レイリンは専属メイドのアンが見当たらないことに気づく。

ハイデンに聞くと、彼はきまずそうに答えようとするが、そこにデリスがさっと現れる。

どうしたと聞く彼に、アンが見当たらないと言うと、もう会うことはないだろうと笑って答えるデリス。

もしかしてこの前アンが悪口を言ったから始末したのではと不安になるレイリン。

デリスは骨折しているレイリンを抱き上げようと近寄るが、彼女は断り、アンを今すぐ連れてきてと言う。

最後の挨拶はしないとなとデリスは了承し、エイソンに指示する。

最後の挨拶ってことは、まだ生きてるのか、それとももう殺されているのかと疑う。

顔色が悪いとレイリンを心配するデリスに、触らないでとピシャリ。

そこへ、泣きながらアンが現れた。

ごめんなさいと言ってレイリンにしがみつくアンは、黙って転職を決めてしまい申し訳ありませんと謝る。

明日からダリアアトリエで働くことになったと言うのだ。

殺されそうになったのではないのかとポカンとするレイリン。

何でも、この前レイリンが皇宮でゲルウィンを助けたことが、殺人鬼カリアードを意のままにできる上、慈悲深く美しい妃殿下だと彼女の評価を上げ、その使用人の評価も上がったのだと言う。

そこで、ダリアアトリエから破格のオファーが舞い込んできたとのこと。

向こうからの提案に、考える時間がほしいという勇気がでず、とりあえず自分がいなければレイリンはさっさと出発するだろうと判断してしまったと謝る。

人の話を最後まで聞かず、殺人鬼相手に変な早とちりをしてしまったと反省するレイリン。

デリスは2人の会話を聞いて、レイリンが勘違いしたことに気づきニヤける。

自分の夢のためにここに残りたいというアンに、レイリンは、成功を祈っていると言って、別れの挨拶を済ませた。

その後、レイリンとデリスは馬車に乗り込む。

デリスについて誤解してしまったが、まずは事の成り行きを確認しようと考え、アンをマダム・ヘイルンに引き抜かせたのだろうと、彼女は彼に聞く。

あの美しい顔で一体何を考えているのだろう、アンを私から離して何の意味があるのかと考えるレイリン。

デリスは、殺したと思ったかと彼女に優しく聞く。

誤解してごめんと謝るレイリンに、デリスは突然笑い出し、可愛すぎて怒るに怒れないと言う。

そもそも誤解するようなことを言ったのはあなたじゃない、とレイリンは反論し、何故そのようなことをしたのかと聞くと、目が泳ぐデリス。

レイリンは、アンもエフランに戻りたくなかったみたいだから、結果的にはよかったありがとうと言う。

付き人は連れていかないつもりだったのかと驚くデリス。

ソペンとエフランの分かれ道である、セルロンという場所で、ハイデンとアンをエフランに帰すつもりだったのだと、レイリンは答える。

なんだそんなことも知らずと、つい口にするデリス。

彼女に意味を聞かれるが誤魔化す。

レイリンは、派手に勘違いしてしまったと反省する。

デリスも、世話役を転職させたのがただレイリンを抱いて運びたかっただなんて言えないと、互いに新たにできた黒歴史を胸に抱きつつ、ソペンへと向かうのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」21話の感想

デリスはゲルウィンにしたように、気に入らないと容易に人を殺しかねないので、レイリンはアンを殺されたと思ってしまいます。

レイリンがデリスの脛を蹴ったせいで骨折したので、デリスが悪いのだと悪口を言っていたからです。

しかし彼は、ただレイリンに接触する機会を増やそうとしただけでした。

デリスの下心のおかげで、アンには願ってもないオファーです。

とんでもない勘違いをしたレイリンですが、デリスは彼女の全てが愛しくてたまらないようで、可愛いからと何でも許してしまいます。相変わらずの彼でしたね。

さて、アンを追い払ったデリスですが、レイリンの脚が治るまでの間、お姫様抱っこばかりするつもりなのでしょうか。ソペンまでの二人の旅がどのようなものになるか楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください