漫画「外科医エリーゼ」最新話80話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

傲慢不遜で皇帝である夫に火炙りにされた前世を経て2度転生した女性が、過去の人生に戻り、今度はナイチンゲールのように、人々に医療で尽くす医療系恋愛漫画です。

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、リンデンは万全の状態ではなかったが、エリーゼの救出のために、共和国司令部へ単身潜入する。

一方ニコラスは、エリーゼに手首を撃たれたせいで、右手を切断しなければならなくなり、彼女に憎悪を募らせた。彼の異常さを察したファビアンは、エリーゼをニコラスから守ろうと、ニコラスの行く手を阻み撃ち殺されそうになる。

咄嗟にエリーゼが止め、彼女はニコラスに捕らえられてしまう。だが、リンデンが突如として現れ、エリーゼは彼の胸に飛び込むのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「外科医エリーゼ」最新話80話のネタバレ

エリーゼを心配し抱きしめるリンデン。

ニコラスは銃で威嚇すると、自ら死に場所を探しに来たのかと、部下にリンデンを攻撃するよう命じる。

リンデンはニコラスを睨みつけると、死ぬのはお前の方だと、手を軽く振る。

すると空気の刃がニコラスを襲い、彼はなんとか避けようとするが、右肩を深く斬りつけられてしまう。

次も避けてみろと凄むリンデンに、恐怖を感じるニコラス。

リンデンがその金色の目を光らせ、その手と振るとともに、ニコラスは切り刻まれ、動けなくなる。

そうこうしていると、他の共和国軍の兵士らが駆けつけ、リンデンに発砲する。

リンデンの能力か、銃弾は彼とエリーゼの手前で弾かれるので、二人には当たらない。

彼はエリーゼを抱き上げると、窓から飛び出た。かなりの高所にも関わらず。

そのまま宙を蹴りながら、浮いて逃げるリンデン。

あまりの異常さに共和国軍も理解が追いつかない。

空帝であるリンデンは無属性の超常能力者だが、発動時間は限られているので、見つけ次第撃て、殺しても構わないと指示が出る。

リンデンらは城壁の近くで、馬を拝借していた。

エリーゼを前に乗せ、相乗りするリンデン。

気まずそうな彼女に、そなたが私を避けているのはわかっているが、今はここを抜けることが優先だから我慢して欲しいと言う。

この状態が嫌なのではなく恥ずかしいエリーゼは、帝国に戻ったら彼の誤解を解こうと思うのだった。

馬を走らせるリンデン。

城門間近にいる共和国軍の銃撃を、彼の能力で弾き、視覚遮断の超常能力を使い突破する。

エリーゼをなんとしてでも守りたかったので、自分の能力使用の限界が来る前に、なんとかここを抜けなければならない。

しかしそんな彼の前に立ちはだかったは、共和国軍の最精鋭・胸甲騎兵隊司令官のオーラナイト、ユーゴー中将だった。

リンデンは拳銃を持ちユーゴーを撃つが、オーラナイトのオーラに弾かれる。

拳銃をエリーゼに持たせ、剣を抜くリンデン。

二人は騎乗したまま、剣で戦い始めた。

ユーゴーは、潔く諦めてくれれば、捕虜として優遇するとリンデンに言う。

相手するリンデンは、他の兵士まで集まってきたらより厳しくなるだろうと、自制していた超常能力を使おうか悩む。

しかし事態は一変する。

エリーゼが拳銃でユーゴーを撃ったのだ。

左肩を撃たれ、思わぬ事態に呆気にとられるユーゴー。

その隙にと、リンデンは意識追放の能力を使い、ユーゴーを落馬させる。

無事突破した二人。

リンデンはエリーゼに、何故撃ったのか聞くと、撃つために渡したのではないのかと驚く彼女。

ただ持ってもらうために渡しただけだと言われ、謝るエリーゼ。

彼はそんな彼女の姿さえ愛おしく感じ、フっと微笑むのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話80話の感想

超常能力を持つリンデンは、反則的な強さですね。

触れずに相手を斬り刻み、空中を移動できる。だから空帝と呼ばれているのでしょうか。

身体に負担がかかるので、長時間の使用はできないようですが、敵地に侵入してあっという間に脱出できちゃいました。

兵士が犠牲にならなくても、体力万全のロマノフ能力者らが、敵地に侵入してトップを殺害すれば、戦争なんてすぐ終わるのではなんて思ってしまいます。皇族ですし、予想されればどうにもならないので、緊急時の奥の手なのでしょうけども。

レン兄がしつこくエリーゼに射撃を教えていたこに、エリーゼはかなり救われましたね。この技術がなければ、野戦病院の皆は殺されていたかもしれないし、リンデンも捕虜になっていたかもしれません。技術は人を助けますね。

さて、なんとか共和国軍の中央部からは逃げ出せたと思われる二人。ですが間違いなく追手が来ますし、リンデンは超常能力を連発しているので、体力が危ういかもしれません。

二人は無事帝国軍までたどり着けるのでしょうか。ミハイルやレン兄が動いてくれれば、かなり安心なのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください