漫画「アデライド」6話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

原作はChae Habin氏、漫画SUHO氏の転生恋愛漫画です。

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争がテーマです。

毎週火曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじでは、ケーキ店にてエリアスを手伝ってあげたアデル。彼には印象的な女性として記憶に残る。彼はその後、皇太子のもとへ向かい、爆弾のような問題・ルイの存在について相談する。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アデライド」6話のネタバレ

さっさと結婚か婚約と言う皇太子に、エリアス公爵はふざけているなら帰ると怒る。

皇太子は、彼に婚約者がいれば噂は広まらずに済むと言い、さらにルイが居座り続けることなんて無理だと説明する。それでもあの女がごねるなら、婚約者を花嫁修業として屋敷に住まわせれば、ルイはただの客人となる。

とにかく今度のデビュタントボールで探してみたらとの提案だった。しぶしぶ了承するエリアスだが、暗殺した方が早いと考えていた。

数日後デビュタントボールが開催された。

人気の無いところに案内されたルイ。暗がりから一人の男性が出てきて、彼女が聖女になること、エリアス公爵夫人になることを手伝うと言う。マティアス・フェゼン・アンドレアと名乗るその男は、皇后の出身家であり貴族派を率いるアンドレア家の者で、エリアス公爵とは敵対していた。

ルイは、何か裏がありそうだとは思うが、自分には害はないと申し出を受けることにした。

その頃、皇太子とエリアスはデビュタントボールで踊る娘達を眺めていた。いい人はいるかと聞く皇太子に、婚約も結婚もするつもりがないから、別の案をと答えるエリアス。

まあ自分達はまだ20歳だから結婚は早いと皇太子は言うものの、このままではルイを追い出せない。監視をつけてわかったことは、親交を深めているのが貴族派だということで、このままでは大きな問題を起こしかねないと、エリアスは殺したい気分だ。

教会や貴族派の反発もあるから、それは最終手段だと皇太子。

湖に現れ怯えていた女が、翌日には皇太子を誘惑し、それでエリアスが引き離したのだが、今度は彼の寝室で裸で横たわっていた恥知らずの女。エリアスは彼女が憎らしい。

そこへ近くの扉が開く音がして、皇太子らは隠れる。アデルだった。アデルはソファーを見つけると喜び、ヒールを投げ出す。裸足でヒールは痛すぎると愚痴をこぼす彼女。

令嬢にあるまじき行為に、隠れ見ていた彼らは笑いをこらえる。特にエリアスはツボだったのか、しばらく口元を押さえていた。

それを見た皇太子は、あれくらいお転婆な娘の方がエリアスに向いていると勧めてくる。皇太子の方が性格が合いそうと彼は断るが、アデルが移動するのを見て、皇太子の指示で二人で追いかけることになるのだった。

漫画「アデライド」6話の感想

ルイの存在は男性陣の悩みの種ですね。転生して翌日には色仕掛けとは、なかなかの女性のようです。そんな彼女に、さらに怪しい仲間が加わりました。援助は惜しまないといって、一体何が目的なんでしょう。スパイとか工作員にするのかな。

エリアスは暗殺とか殺したいとか、かなり物騒なことを考えています。それだけ頭にきているのでしょう。興味もない他人が自分の布団で裸で寝ていたら殺意が湧く気持ち、とてもわかりますね・・・。変な噂まで立てられるし、ルイが彼に受け入れてもらうことはないでしょう。

アデルはやはり自由奔放ですね。0歳からこの世界で育ってきているので、ある程度の作法を学んでいるはずですが、元の世界の癖や考え方は抜けなかったようですね。転生ものは、前世の知識をひけらかすものが多く感じますが、この作品はもともとの性格が活かされているだけという感じですね。転生はオマケのような。

エリアスはそんなアデルをオススメされました。皇太子のアシストが心強いですね。このままトントン拍子に婚約までいくのでしょうか。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください