漫画「アデライド」5話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

原作はChae Habin氏、漫画SUHO氏の転生恋愛漫画です。

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争がテーマです。

毎週火曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじでは、従姉妹のリサから聖女のルイについてあれこれ教えてもらうアデル。まだ聖女認定されていないこと、エリアス公爵とはただならぬ噂があることを聞く。その後リサと訪れたケーキ店で、美男子がケーキ選びに迷っていたため手伝うことにしたアデルなのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アデライド」5話のネタバレ

ケーキの種類に迷うイケメンを手伝うアデル。

差し入れ先の好みがわからないと言う彼のために、ジェノワーズを進める彼女。彼は完全に彼女にお任せ状態だったので、適当に見繕ってあげる。注文書を渡し、カウンターで支払うようアデルが伝えると、お礼にアデルの分も支払うと伝える彼。

意外に紳士な彼に、一つ良いこと教えてあげようと、カタログを購入すると使用人に買いに行かせることができると話すアデル。こんなものがあったのかとショックを受ける彼なのだった。

ケーキを持ってアデルがテーブルに戻ると、リサがエリアス公爵がいたと教えてくれた。後ろのテーブルで騒いでいたのだそうだ。彼をひと目見たいとキョロキョロするアデルに、あそこにいたわとリサが指差す方向にいたのはさきほどの男性。

さっきケーキの注文の手伝いをしたと言うと、閣下自らロラントへ買いにくるとは思わなかったとリサは言うので、とても悩んでいたのでルイ様宛だろうとアデルは話す。

それが事実ならルーカスが驚くと言うリサ。ルーカスは臨時で皇宮にてエリアス公爵の補佐官をしているのだという。とてもエリアス公爵を慕っているのだが、ルイとエリアス公爵の仲を否定したがるのだと言う。

アデルはこんな場所にまで買いにくるだなんて愛がなければできないと、ルイとエリアス公爵の仲を深い仲だと推察するのだった。

一方エリアス公爵は、ロラントの箱を持ちながら皇太子に言われたことを思い出した。引退した皇室パティシエが開いたケーキ屋、その店のものが食べたい&エリアス公爵自ら選んだものが食べたいとの要求だった。

こういうのに疎い自分が何を選ぶか楽しみたいのだろうと、呆れるエリアス公爵。だがあの女性のおかげで助かったと彼は思うのだった。

皇宮に着くと、皇太子はジェノワーズのセレクトにセンスがあると大喜び。そんな皇太子を眺めながら、エリアスは考えていた。

今まで彼が見てきた女は3種類。顔を赤らめながら気を引こうと必死な女、興味のないフリをしながらチラチラみてくる女、そして・・・と思い浮かべるのはルイと帽子をかぶった貴婦人。

それなのに、今日会ったあの女性は何の見返りも望んでいないキレイな目で自分に声をかけてきたと、彼は微笑む。しかし物思いにふけりすぎて、皇太子が彼を何度も呼んでいることに気づかなかった。

ロラントのカタログを出し、次は必ず使用人に頼むようにと念押しするエリアスなのだった。

そしてルイの話になる。来週のデビュタントボールが終わればルイの再検証が行われるものの、もはや再検証後も問題があるようだ。ルーカスは、聖なる力も地位も身寄りもない女人をどうすればいいのかと聞く。

皇太子は零細貴族何人かに、巨額の持参金を持たせるから嫁にもらえと提案したのだという。だが、エリアス公爵との噂が広まり過ぎていて、皆断ったと。

ルイがエリアスの寝室から追い出されたのを見たのは信頼している使用人と執事二人だけなのに、なぜ噂になっているのかと彼は不機嫌だ。彼らがエリアスを裏切るとも思えない。それなのに翌日の午後には皇太子の耳に入るほど噂になっていた。

誰かが意図的に噂を広めたのだが、噂で得をするのはルイのみ。エリアスはため息をつき、追い出すことだけ考えるのではなく、監視をつけることにする。

冷やかす皇太子に、エリアスは自分が無理やり連れていかなければ皇太子妃の座を狙っていたと話す。爆弾のような彼女の存在に皆ため息をつく。

そこで皇太子が解決案を思い付く。エリアスがさっさと結婚か婚約をすればいいと。

漫画「アデライド」5話の感想

男性陣はルイにてこずっています。なかなかの曲者のようですね。聖女でないなら本当に何者なのか。セレブ妻を狙う異次元からの女性?そめそも彼女は異次元からきたのでしょうか。全てが疑わしく謎です。

一方アデライド方面はお気楽です。ケーキを好きなだけ食べ噂話を楽しむという、典型的な女子のお茶。この能天気さがアデライドのいいところなのかもしれませんね。

その彼女特有の能天気さ、もしくはポジティブさが、エリアスには新鮮だったようです。自分を求めない女子ということで。このへんの展開は王道なのかなと思います。

王道ですが、現実世界でもそうですよね。求めてばかりでは与えられず、他人に与えてこそ得られる。でも意中の人がいたら皆ソワソワして期待してしまいますよね。とりあえず人生を楽しもうとしている彼女だからこそできたことでしょうね。

余談ですが、ジェノワーズ、知らなかったので調べてみました。ケーキの土台になるスポンジのことだそうです。あれのみでスイーツとして売っているんですね、知らなかった。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください