漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません~」45話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画サイト・めちゃコミックで連載している漫画「皇妃さまの育児論」原作:Jaha、作画:Steak、原題:이번 생은 제대로 키워 드리겠습니다, 폐하!

ロマンスファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

・前回のエピソードはコチラ

漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません~」45話のあらすじ(ネタバレ有り)

平野の向こうから精霊の鳥達が戻ってきて、エリサが投げた槍を次々キャッチすると、目印を立てにまた飛んでいった。

エリサは騎士たちに、旗が飛ばされたりするかもしれないから、鳥を追って新たに旗を立てるよう命じた。

平民たちは、バロッサでは地面から水が噴き上がったらしいのに、まさかこれで終わりなのかと言い始め、扇動者のせいでより騒ぎが大きくなった。

そんな中、騒ぎで背中を押された青年が倒れて、エリサに不用意に近づいてしまったので、青年も他の平民もたじろぐ。

エリサは、謝る青年に、あなたを助けるためにどれほど尽力したかと呟くと、青年を咎めず解放した。

そこへローハンが、扇動者を捕らえたことを報告する。

ローハンが戻るかと聞いてきたが、エリサは、仕上げをすると言い、1羽の精霊の鳥を地面に突っ込ませた。

エリサは、水の精霊の力を使いながら、下級精霊らしかぬ力を持つ、ウンディーネについて考える。

地面から水が噴き出したので、平民は喜び、エリサに感謝した。

エリサは、くすぐったい気持ちになったが、血を吐いて倒れてしまい┄┄

漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません~」45話の感想

エリサが次々と槍を投げていたのは、鳥に持たせるためだったのですね。

騎士たちはオロオロしていて何とも頼りないですが、鳥に運ばせるとエリサに脅され、ようやく動き出しました。

彼らがローハンの部下だったら、後でローハンに厳しく躾けられそう。

さて、扇動者がいましたが、もともとのエリサの能力の高さのおかげで、扇動者はただ騒ぐだけで終わりましたね。

ですが、無理がたたったのか、エリサは吐血してしまいました。

咄嗟にローハンが支えていました。さすが頼りになりますね。エリサは、ローハンに質問した後は、すっと目を閉じて眠ってしまいましたが、ローハンに体を預けたまま寝入るなんて、よほど彼に気を許しているようです。

ローハンの方も、エリサの問にほんのり微笑んでいました。

もどかしい二人なので、思いが通じあるのは、ずーーーーーーーっと先なのでしょうね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください