漫画「私が娘ですか?」61話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」61話のネタバレ

ロアナは、自分が罪人の娘だからヴィンセントに迷惑かけるわけにはいかないと身をひき、ヘイリンと二人で生きるつもりだった。

ヴィンセントは、ロアナと薬草畑に懐かしさを感じた。

場面が変わり、ロアナとヘイリンは家にいた。

あの人が帰ってくるとヘイリンが酷い目にあわされると言い、ロアナは酷く怯え、ヘイリンを抱きしめて震えていた。

ロアナはヘイリンに、逃げたので怒られるかもしれないが、パパの所に行こう、ヴィンセントならなんとかしてくれるから、カリスト家に行こうと言った。

精神体のヴィンセントは、ヘイリンの件がなければ知る由もなかったロアナの存在に困惑する。

燃える小屋に場面が変わると、成長したヘイリンが助けをもとめていた。

するとその当時のヴィンセントが現れ、彼女を小屋から助け出す。

そのヴィンセントは、瀕死のヘイリンを助けられないかと思い、リオが命を奪ったものは蘇生できるはずだから心臓をさせばいいのではないかと言うも、司祭のジェイドに、今の状態では無理だと言われてしまう。

精神のヴィンセントは、何故自分がそこにいるのかと混乱していた。

小屋の火事は、ザカリー伯爵の娘アドリアンが放火したのだが、ザカリー伯爵がヘイリンをロアナの娘と知って妾にするつもりだったことが原因だった。

そこへザカリー伯爵が怒鳴りながらやってきたので、ヴィンセントの騎士達に囲まれる。

ヴィンセントは、愚行を悔いろと言い、ザカリー伯爵を炎の中に放り込むように命じる。

ザカリー伯爵は、ロアナは私のものだったのにお前が奪った、ヘイリンを養子にしたのは、お前にも奪われる絶望を味わわせるためと言い出した。

ヴィンセントは、すぐに殺さず時間をかけて殺すために、騎士たちに連行させる。

ヘイリンを看ていたジェイドは、ヘイリンがもう持たない、早く楽にさせてあげた方がいいと言う。

ヴィンセントはヘイリンの手を握り、娘がいると聞いて本当にうれしかった、ロアナの村が魔物に襲われなければ、もっと冷静に判断できていたら、と涙を流した。

そして、次は絶対に守る、リオとテオが叶えてくれるからきっとまた会える、新たな世界でヘイリンを幸せにすると言い、聖剣を手にするのだった。

漫画「私が娘ですか?」61話の感想

ロアナが罪人の娘とはどういうことなのでしょうか。ロアナについては、ザカリー伯爵が執着していたことしかわかりません。

それで関係は持ったものの、ロアナは逃げるようにヴィンセントのもとから去ったのでしょうか。

また、ヘイリンが2度目の生を送っているのは、彼女が時間を巻き戻したのかと思っていましたが、ヴィンセントが彼女のために巻き戻したようですね。

だからヴィンセントは一部の記憶がないのでしょうか。テオとリオが合わさると、強力な力を使えるのですね。

ザカリー伯爵は相変わらず狂っていました。今回はもう手を出してこないと良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください