漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」20話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週月曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」20話のネタバレ

オフィーリアは、車輪を取り替えたというのは本当か、3日前に車輪について思いついた『いい考え』とは何かと、アレクサンダーに問う。

疑われたくなければ答えた方がいいと言われたアレクサンダーは、ドキドキしながら、実は車輪の取替を口実にオフィーリアと領地を見てまわろうと思ったのだと言う。

アレクサンダーは、その日一緒に行こうと誘ったのだが、あまりにも遠回しだったため、オフィーリアに伝わっていなかったのだった。

あの時は口下手だったが、今はマシになったでしょうと言い、アレクサンダーはオフィーリアの手を握る。

オフィーリアは、私がどれだけ、と声を荒げるが、その先に続く、アレクサンダーを疑ったと言う言葉は発することはできなかった。

彼のこれまでの言動については、彼自身も自覚しないままオフィーリアに一目惚れしていたからだった。

日記を読み進めると、オフィーリアが屋敷を去ろうとした日、彼女をまだ手放せないことが書かれていた。

また、彼女は事故について何か知っているようだと考えながら、父の執務室を片付けていたら、本棚で注射器を見つけたと書いてあった

注射器は全部燃やしたはずなのにと、オフィーリアは動揺する。

すると、読みたくないだろうけど最後まで読んでほしいと言い、アレクサンダーはオフィーリアの肩を抱く。

日記の続きは、オフィーリアを女性として意識し始めたこと、執務室に侵入したのがオフィーリアであるかもしれないことが書かれていた。

オフィーリアは、読むのをやめたいと言い出すが、アレクサンダーは、もう引き返せないと言う。

294年4月には、オフィーリアに一目ぼれしたことを認めたアレクサンダー。

そしてその3か月後の7月16日、馬車の事故の原因が車輪の間のつなぎ目が溶けたことだとわかり、執務室のカギ穴が溶けたことと同じかもしれないと、ヘンリエッタが犯人ではと考え始めた。

数日後には、休暇をくれとヘンリエッタが泣きついてきたが、彼女は犯人ではないと考え直す。

8月に、ヘンリエッタからオフィーリアが魔法師だと知らされ、9月には、やはりオフィーリアが犯人のようだが、自分だけの胸に秘めようと、彼は考えたようだ。

だがその翌日には、本当にオフィーリアが犯人なら、父を殺した女を愛しているのだろうかと、アレクサンダーは混乱するのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」20話の感想

アレクサンダーのいい考えは、車輪を口実にオフィーリアと二人でお出かけすることでした。

少年らしくかわいらしい発想でしたが、そりゃ答えにくいですよね。

日記を読ませることで、ほぼ愛の告白をしているようなアレクサンダー。

でもオフィーリアが父殺しの犯人ではないかと、疑い始めてしまいました。

彼女を愛してしまっているので、こお疑惑はツライですね。いくら愛していても、オフィーリアを信用できないようです。

また、ヘンリエッタが休暇をもとめた際に、ついに頭がおかしくなったのか、とかなり辛辣なことが書かれていました。相当ヘンリエッタをうざく思っているようです。

オフィーリアとヘンリエッタ、どちらも魔法で車輪に細工することができますが、犯人はどちらでしょうね。

オフィーリアは母に依存気味だったので、オフィーリアではないと思うのですが・・・

ヘンリエッタだった場合、恩人である雇い主を殺す必要があったのか、アレクサンダーが一目惚れしたオフィーリアは馬車に乗っていたわけではないですし、狙いがよくわかりませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください