漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」117話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」117話のネタバレ

リザ皇妃の二回目の尋問日になり、グライフ伯爵はハワードに、これが終わればリザ皇妃は追放されるだろうと話す。

また、彼女を手伝ってきた自分にも影響があるだろうと考え、ハワードには、巻き込まれないように言動に気をつけるようにと言う。

ハワードは、アイリスの後ろ姿を見かけて追いかけるも、彼女はイアンと共に別室に入ってしまった。

その後、リザ皇妃の尋問が始まった。

その前夜、牢屋に入れられたリザ皇妃の所にアイリスがやって来たので、リザ皇妃は、アイリスを罵り、ルイをどうする気かと怒鳴った。

アイリスの回帰前では、同じように収監されたアイリスがお腹の子だけは助けてほしいと懇願したが、受け入れてもらえず、子供は死んでしまったのだ。

アイリスは、投獄されたことより息子が心配か、自分と同じように他の人も子供が大事だと思わなかったのかと言う。

私が自分の子の亡骸を抱いてどれほど嘆いたか、過去に戻ってからもその記憶にどれほど苦しんだかわからないだろう、死ぬまで死んだ後も苦しめばいいと言う。

リザ皇妃は、アイリスに子供がいたということや、過去に戻ったことの意味が分からず、呆然と聞いていた。

だが、皇族の中で名君になるものだけが受け継ぐという、命を代償に特定人物の時間を巻き戻す特殊な能力が存在するという話を思い出し、まさかイアンがそうなのかと驚く。

アイリスは、リザ皇妃が呼び止めるのを無視して立ち去った。

リザ皇妃は、グライフ伯爵を呼ぶように叫んだが、誰もそれには応じなかった。

その後、リザ皇妃は罪を認めなかったが、死刑は免れず、ただ時間を稼いでいる状態だった。

アイリスと四人衆が集まっているところに、リザ皇妃が自殺したという報告が入る。

アイリスは、イアン達の様子から、彼らが始末したことに気づき、イアンは、やるべきことがあるから長引かせたくなかったと言う。

イアンは、過去のアイリスが、いつ死ぬかと2年もその命をリザ皇妃に弄ばれ、酷い苦痛と恐怖を味わっていたことを知っていたので、斬首刑では優しすぎるので、血を吐く苦しみを与えたかったのだ。

また、リザ皇妃の名を歴史書から抹消し、罪の代価を償う勇気もなく自殺した帝国の恥として、歴史に残したかったのだ。

アイリスは取り乱すことなく、次を考えていた。

リザ皇妃が自殺したというニュースは国全体騒がせたが、フォレスト侯爵とヴァレンシアガ公爵が結婚するというニュースによって静かになった。

権力を握った彼女がイアンを選んだこと、ルイ皇子はリザ皇妃の死により皇位争いから退いたことから、時期皇帝はイアン・ヴァレンシアガ・ローヘンハイムだと認識されるようになった。

国民の話題にはならなかったが、侍従長の尋問によって、リザ皇妃が地下金庫に隠していた不正の文書が見つかり、様々な国際問題が解消され、人質として帝国にきていた嘉遠国の昭嬉姫は帰国できることになった。

アイリスたちが見送る中、昭嬉姫はアイリスに感謝の笑顔を向け、帰国した。

その後、ローヘンハイムと嘉国の友好関係を築くのに、昭嬉姫が尽力するようになるのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」117話の感想

嘉遠国の密書の件は、地下に入らずとも、思ったより簡単に解決してしまいました。イリア皇妃のソリアになった時点で、解決したようなものですね。

これで昭嬉姫も祖国に戻ることができて、めでたしめでたしです。

さらに、ついに強敵リザ皇妃も始末しました。もう彼女で恐れることはないですね。

リザ皇妃が前世でアイリスにしていたことは残酷だったので、イアンはリザ皇妃を苦しめたようです。ただアイリスをそれに関わらせませんでした。

アイリスは彼の考えを理解したようです。もう彼女は皇太子妃、皇后になるので、個人の感情で動いてはいけないのかもしれません。

処刑はその時だけですけど、歴史は半永久的ですし、リザ皇妃はその一生を卑怯者の犯罪者として残されるだけになりました。

そしてイアンの時戻しの能力ですが、105話にて、クラウドが先代皇帝には時を戻すものもいたと話していたので、まさにイアンのことですね。

リザ皇妃はその話を聞き流していましたが、アイリスの言葉で真実だと知り、さらに自分がそれほど酷いことをアイリスにしたのも理解できたようですね。ルイ皇子の処分についてアイリスは説明しなかったので、子を失う恐怖は味わったのでは。

これで残す相手は、ネラだけになりました。ハワードとグライフ家は、そのまま没落しそうなので問題ないと思います。ルイを担ぎあげることは、ルイ自身が逃げ回るだろうから無理だと思いますが、誰もを利用するネラ次第でしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください