漫画「盗掘王」最新話215話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」最新話215話のネタバレ

遼河が、遺物から召喚された大勢の暗殺者を倒しても、大河原竜次はさして気にしていなかった。

その暗殺者・アサシンの遺物は幻覚をみせることができたので、遼河は攻撃と回避がうまくできなくなったからだ。

戦闘するだけで幻覚物質に侵されるので、遼河はうまく動けず、苦戦していた。

イリヤを拘束していた荒縄は、遼河のピンチに思わず参戦し、イリヤの拘束が緩む。

さらに先端で戦闘していたため、振動が伝わり、イリヤは目を覚ましたようだった。

遼河は体力温存するのをやめ、一気に叩き潰すことにし、ネロ、アヌビス、ハムラビ法典を召喚した。

すると目覚めたイリヤが、ソロモンの悪魔達を召喚し、何故か遼河達を襲った。

イリヤが裏切ったことと、さらに敵が増えたことに追い詰められる遼河達。

大河原竜次は高笑いするが、イリヤの悪魔に腕を食いちぎられてしまう。

何故こんなことをするのかと叫ぶ大河原に、イリヤは、油断しているからだ、今の上官はあなたではないと答える。

イリヤの記憶は完全に戻っていた。

柳は攻撃したことを怒ったが、イリヤは、あれは作戦だと答える。

大河原竜次は、裏切ったのかと怒鳴るのだった。

漫画「盗掘王」最新話215話の感想

イリヤの記憶は無事に戻りました。

あんな悲惨な死に際を体験しつつ、すぐに戦えるイリヤはすごいですね。

悪魔を遼河達に軽く襲わせたのは、大河原を油断させるためと、遼河達の保護でしょうか。

大河原を襲ったのは、有翼の狼の悪魔でしたが、マルコシアスという悪魔のようですね。炎を吐く狼で、尾は蛇です。

ソロモンの悪魔を全員召喚したのかはわかりませんが、そのどれもがただの悪魔ではなく貴族なので、実際に勢ぞろいした姿をみたら圧巻でしょうね。

イリヤの記憶が戻ったことで、遼河の発掘団の仲間がまた増えました。イリヤはかなりの戦力になりそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください