漫画「悪女が恋に落ちた時」50話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때、作家・서귀조

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」50話のネタバレ

少し時間はさかのぼり、リシャが居酒屋で吐血した頃。

ダニエルはリシャを抱えて店の外にでたのだが、そこへユジンが現れ、問い詰められることに。

ダニエルは、具合の悪くなった女性を放置するわけにいかなかった、この女性は誰かは知らないので、知り合いであるならお任せすると言い、ユジンにリシャを渡した。

リシャを受け取り、酷く心配するユジン。

ダニエルは、あまり体調がよくないようだから、よく面倒を見てあげてと言い、微笑む。

ユジンはリシャを抱え、皇城へと向かう。

その後ろ姿を見ていたダニエルは、ユジンが以前とは人が変わり、皇女を切なく見つめていることに気づく。

ダニエルは今日リシャを殺すつもりだったが、興味深いからもう少し見守ろうと考えていた。

皇女宮にて、リシャは皆に心配され、食欲がなくても少しでも口にしてくださいと、エマに気遣われる。

そして今日は皇太子殿下に会う日だと教えてもらう。

ラビロフの部屋に行くと、彼はアリエルから手紙が届いたのだと言う。

リシャが、私も見てもいいかと言うと、ラビロフは顔を赤らめながら手紙を差し出した。

アリエルはラビロフを妖精だと思っているので、瞬間移動で来てと書かれていた。

ため息をつくラビロフに、早く正体を明かしたほうが良いと言い、花を一輪添えて正体を明かし、建国祭に招待してはどうかとアドバイスする。

そう演出する意味がわからないラビロフ。

リシャは、トキメキの積み重ねが重要だ、ささやかなトキメキで、ラビロフに会うのをアリエル嬢に期待させるのだと説明する。

アリエルが、妖精を皇太子だと知って感激する様子を想像したラビロフは、リシャの指示に従って丁寧でロマンチックな手紙を書くことに。

アリエルのことになると、人間らしく頬を染めるラビロフを見たリシャは、今なら契約してもらえると思い、契約書をラビロフに見せる。

するとそこにガイル侯爵がやってきて、リシャに丁寧に挨拶する。

ラビロフは契約書を眺めながら、神殿の公証の項目で笑った。

神殿公証だと聞き、変な顔でリシャを見るガイル。

ラビロフは、この契約に後悔はないなとリシャに確認すると、リシャを下がらせた。

リシャ的には、契約に問題がないと考え、サインさえしてもらえれば、またダニエルに会いにいけると思った。

ラビロフはガイルに契約書を見せると、これほど面白い契約書はないなと、不敵な笑みをうかべるのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」50話の感想

ダニエルは一応まだリシャの命を狙っているのですね。

彼女に興味を持ちすぎて、様子見が続いております。そのまま目的が消えてしまいそう。

リシャ自身はこれほど無害なのに、その立場のせいで命を狙われています。

ラビロフは契約書を見て怪しげな笑みを浮かべていましたが、継承権を放棄し、恋愛相談にものるリシャに、これ以上何かするつもりなのでしょうか。

そもそも契約書に一体何が書かれていたのか気になりますね。相談相手がいると良いのですが、内容的に難しいですよね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください