漫画「主人公の女友達です」18話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・LINEマンガにて独占配信中の「主人公の女友達です」原題・남자주인공의 여자사람친구입니다

貧しいせいで学校生活も上手くいかなかった主人公。ファンタジー恋愛小説「アカデミーの偽の恋人」を読み、主人公になる想像をするのが、彼女の唯一の楽しみだった。ある日目を覚ますと、小説内の悪女ルイス・スウィーニーになっていた。読者にも作家にも嫌われているルイスになってしまった彼女は、悲惨な未来を回避するために、誠実で優しいルイスになって、運命を変えようと試みるストーリーです。

毎週月曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「主人公の女友達です」18話のネタバレ

ルイスは、ステラの嘘でひどい目にあったのに言うことはないのかと、図書室に文句を言いに行った。

だがステラは、ルイスは何も失っていないのだから謝るつもりはないと言う。

ステラを恨みたくないからこれ以上酷い仕打ちをしないで欲しいと言い、ルイスが立ち去ろうとすると、ルイスが持っている物全てが自分の物だと思っているのか、何もかもルイスのせいだと、ステラは吐き捨てる。

ステラとラッセン先生がやったせいではないのかとショックを受けるルイスだが、ヒロインであるステラの居場所を自分が奪ってしまったのではないかと気づき、自分自身を追い詰めてしまう。

落ち込みながら廊下を歩いていると、イアンの隣の部屋だという男子学生が声をかけ、テスト直しのご褒美に先生からもらえるというキャンディを、彼女にプレゼントした。

そこへシモンがやってきたのだが、シモンの視線が気になった学生は、逃げるようにその場を去った。

シモンはルイスの鞄が壊れていることに気づくと、直すから1時間ほど借りていくと言い、ルイスが返事する前にさっさと持ち去った。

ルイスは一緒に行くと言い、窓から身を乗り出すが、足を滑らせてしまい、シモンが慌てて彼女を受け止める。

ルイスは、罰としてやたらと重いシモンの鞄を持つことに。

中にはキャンディの瓶が3つ入っていて、食べてもいいとのこと。

美味しく頂いたルイスは、罰といいながらご褒美なのだろうと、シモンの気遣いを察する。

シモンは、よく頑張ったねと微笑んだ。

その後、生徒会室でテスト直しを頑張るルイス。

何故早くやっておかなかったのかと指摘するディーンだが、ルイスがキャンディの瓶を持っていることに気づき、1つは提出したのだなと言う。

これはシモンからもらったものだとルイスが答えると、異性の人にキャンディを渡すのは告白も同然ではないかと、ディーンは驚く。

シモンがそんなつもりのわけないと思うルイスは笑って流し、クレアもその伝統を知っているのか、クレアと幼馴染なのかと、クレアとディーンの関係について話を変えると、ディーンは照れる。

その後、テスト結果が発表された。

1位イアン、2位クレア、そしてあえて真ん中あたりの成績をとるシモンは15位と、テスト結果は原作通りだったが、どこまでがそうなのかわからなくなってしまった。

新入生の結果も原作通りなら、1位はステラのはずだと新入生の結果に視線を移すと、1位はルイスだったため、自分がステラのものを本当に奪ってしまったのだろうかと、ショックを受ける。

ステラは無言でその場を立ち去った、

その後、期待はずれだとラッセン先生に叩かれたステラは、虚ろな目で廊下に蹲るのだった。

漫画「主人公の女友達です」18話の感想

ラッセン先生に壊された鞄は、シモンがちゃんと直してくれました。さすがシモン。

そしてさりげなく告白を匂わせました。シモンはルイスへの想いを諦めているようで、もしもを捨てきれないようですね。

あのイアンの隣の部屋の男子学生も、ルイスに気があったみたいなので、ルイスは平民だとアカデミーで見下されている存在ですが、影では応援してくれる生徒もそこそこいるようです。

ステラはルイスを認めることができず、彼女が全てうばったと勘違いしています。もともとステラのものではなく、ルイスが努力して得たものなんですけどね。

だからルイスも、ステラの発言や、原作設定など気にしなければいいのですが、原作から外れて不幸になっている人間がいるかと思うと、気がとがめるのでしょうね。

ステラは1位になれず、ラッセン先生に叩かれ、絶望していました。姑息な真似をしてもルイスの居場所を奪うことができず、自分の価値がわからなくなっているようです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください