漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」61話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話・各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」61話のネタバレ

エヴァンは、災いのときに、人々を血祭りにあげ楽しんだ過去を思い出していた。

その頃、金髪の青年は猫のアリアに、エルドに関することはわからないと話していた。

金髪の青年は妖精王で、エルドは妖精王の唯一の後継者だった。

彼は、いつも自分を惜しまないシャーロットが心配だったが、アリアとして生き直していることについてホッとしたようだ。

ジェフリーの盟約について聞くと、妖精王は、自分は無関係だと答える。

アリアは妖精王にとって特別な存在なので、1どきりだがアリアの役に立つ祝福を与えると言い、額に口づけた。

これはアリアが心から願った時に、一度だけ本来の力を取り戻すものだ。

アリアは精霊王にエヴァンのことを尋ねると、精霊王は、だから後悔することになると言ったではないかと言う。

この先、もう一度選択する時が訪れると言う妖精王。

彼は、名残惜しいけどもう行かなくてはならない、この子が君を導くだろうと言い、精霊王の魂はどこかへ消え、青年だけが残った。

その頃ユリアンは、猫になって消えてしまったアリアの気配を探知しようとしていた。

後ろにいたダンが、あの場所でのエヴァンについて記憶がないというのは、本当かと尋ねる。

ユリアンは、アリアとのやり取りを思いだす。

失った記憶を取り戻したせいで、新しい記憶の一部があやふやになっている状態のユリアン。

アリアは、もし私が人を傷つけ、世界を滅ぼしたいなどと望んだら、お前はそれに従うのかと問う。

ユリアンは、そんなことはありえないが、師匠の望むことなら理由があるはずだと答える。

だが、他人を傷つける悪しき行為は、いかなる理由でも正当化できないと言われる。

過ちを犯していると知りながらも、シャーロットだと認識した男の指示に、盲目的に従ったと指摘される。

アリアは、もし私が間違った道に進んだのなら、私を敵に回すとしても、ユリアンが阻止しなければならないと話すのだった。

そこまで思い出したユリアンは、もし師匠が世界を滅ぼすと言ったら従うのかと、ダンに問う。

ダンは、師匠がそんなこと望むはずがないと言うので、もしもの話だと念を押すと、それは世界が師匠にそう思わせることをしたのではないかと、ダンは答える。

その頃、アリアは金髪の青年に、普通の猫ではなく精霊に近い猫になったのだと説明を受けていた。

そのため、才能あるマーベルの魔術師であっても、猫状態のアリアを見つけるのは至難の業だそうだ。

この隙に、エヴァンに会いにいくのだと言う青年。

どうやら元の姿のままだと、エヴァンのところに行けないらしい。

カルシリオンは、アリアとエヴァンと会わせる気はないようだ。

アリアがあれこれ考えていると、何者かが近づいてくるのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」61話の感想

ヒマワリ青年は、妖精王でした。青年の体に憑依していたようですね。

アリアは一度だけ、以前の力を取り戻せる祝福をもらいました。エヴァンと災いに使うことになるのでしょうけど、物語の終盤で使用するのでしょうか。

また、シャーロットの弟子たちは、自分達の在り方を考え始めました。盲目的に、シャーロットに従っていますが、本当にそれでいいのかどうかということですね。

実際ユリアンは、シャーロットだと信じて、犯罪に加担しました。きっと裏には正義があると、妄信するのでしょうね。

アリアを守るには、自分達が自立していないといけないので、今回のことがキッカケで師匠との距離感が変わるといいですね。

さて、猫に変わってしまったアリアですが、何者かが近づいてきました。カルシリオンはバーモンと室内にいますし、ダンとユリアンは屋上で話し込んでいます。

エヴァンは監禁されているので、あの場に来るとしたら、エルドかジェフリーでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください