漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」106話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이

毎週月曜に最新話が公開されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」106話のネタバレ

誓約の内容は無闇に口外するものではないと言い、アースは教えないと断った。

エステルは、それなら誓約を白紙にするにはどうしたらいいのかと尋ねると、ゴブレットや剣など誓約に使われた媒介物を破壊すればいいとのこと。

方法は、誓約した二人が誓約を破棄に合意する、または物理的な力で破壊することも可能だという。

合意の上での破棄は、皇室がカスティージョ家の力を手放すわけがないから無理そうだ、なら力で破壊するしかない。

アースは、合意しておいて勝手に破棄されないように、誓約の当事者は破壊できないようになっていると話す。

するとアースが突然エステルの首に噛みつき、血を吸った。

驚くエステルに、バカな姉に似ていると言うアースは、自身の手を傷つけ、その血をエステルの口に突っ込んだ。

その血はとても熱く、おまけにエステルの意識を奪った。

気がつくと、姉に甘える幼いアースの光景が見えた。

するとその場にアニンタがやってきた。

近寄るな汚いという言葉とともに、母親に虐待される幼いエステルの場面に切り替わる。

絶望するエステルをその場面から救い出したのはアースだ。

記憶が少し混ざったらしい。

漆黒の空のような空間にいたので、ここは夢かと尋ねると、アースはニッと笑う。

次の瞬間には、アースはドラゴンになり、エステルはその背に乗って夕焼けや雨空など空を飛びまわった。

エステルはこの体験で、ドラゴンのいない世界にたった1匹残されたアース、魔族のいない世界でのカスティージョ、両者とも孤立した存在だから屋敷に来たのだと理解した。

そしてその中でも中途半端な存在のエステルは、何か迷いが吹っ切れたような表情だ。

アースは屋敷の森にエステルを届けると、一緒にいかないかと誘う。

エステルは、一人だけど孤独じゃないから大丈夫だと微笑む。

アースはそうかと言うと、翼を広げ、一瞬で飛び去った。

さきほど夢で見たのは、アースの姉で、最初の魔道士アニンタの名を呼んでいた。

気になることは色々あるが、もうアースには訊けないと考えていると、心配したアンがやってきた。

何故かアンの髪の毛は真っ黒になっているので、そのことを指摘すると、それは重要ではない、二日も眠り続けた上に行方不明になって、ドラゴンに乗って戻ってくるなんて何があったのかと言われる。

さすがに驚くエステル。

すると今度は公爵が来て、少し話せるかと言うのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」106話の感想

エステルはなんと二日間も眠った上に、姿を消していました。血を飲み意識を失ったりのくだりから、二人は途中から別の世界・別の次元に行っていたのかもしれません。

エステルが突然いなくなって、カスティージョ家はパニックになったでしょうね。専属騎士のロイも大変な思いをしたのでは。

そしてその二日間の間に、アンの髪の毛が真っ黒になっていました。どういうことでしょうか。

そういえばエステルが行方不明でも、現れた公爵は取り乱した様子ではないので、ある程度は何があったのかをわかっていたかもしれないですね。そして戻ってきたエステルに何を話すのでしょう。

また、今回は誓約の破棄方法が明らかになりました。皇室との誓約を破棄するには、誓約の媒介物を見つけ、公爵以外の誰かが破壊しなければなりません。皇室に誰かがスパイとして入り込まないと、媒介物が見つけられないかも。

リドルが協力してくれたら手っ取り早いのですが、難しそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください