漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」78話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品です。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」78話のネタバレ

アイリスはしばらく皇宮で暮らすことになるので、邸宅から運び入れる荷物の準備をする。

アイリスが留守中は、モルタ子爵夫人に任せることになり、アイリスとモルタ子爵夫人は挨拶する。

モルタ子爵夫人は、アイリスの叔父であるミサーラ子爵が脱獄したこと、そのミサーラ子爵を推薦したのがリザ皇妃だとことを心配していた。

その話を聞いていたソフィは、ミサーラ子爵をわざと薦めたと、アイリスがリザ皇妃に疑われるのではないかと心配になる。

その後、アイリスがリザ皇妃のもとへ行くと、リザ皇妃は、イリヤ皇妃が指名したここの侍女長だったカトレア嬢が、とても高慢だっただけでなく機密情報を流出させていたので、リザ皇妃が殺したのだと話し始めた。

リザ皇妃は、今回のミサーラ子爵の件がアイリスが企んだことかわからないが、アイリスに釘を刺しておこうと考えたのだ。

アイリスはわざと怯えたフリをして、リザ皇妃の部屋をでる。

まだリザ皇妃はどうするか迷っている段階なので、次の攻撃の機会がくるまで従順なフリをすることにしたのだ。

ソフィはアイリスが心配で仕方がないが、自分以外にもアイリスを守ろうとしている人が増えたので、以前とは違うと考えるようになった。

アイリスはソフィに、皇妃達の日程を用意させていた。

皇室内の日程は全てリザ皇妃が関与しているので、何か隠されているのではと考えたのだ。

その中に、戦争で敗れ人質になった嘉遠国の昭嬉姫の誕生日パーティーが記載されていた。

転生前には彼女の誕生日パーティーはなかったはずなので、気になったアイリスはパーティーに参加したいとソフィに言う。

ソフィは、昭嬉姫はかなり風変わりな人物らしい、飲酒が唯一の趣味で、ローヘンハイムの酒は合わないなどととうるさいらしいと話す。

アイリスは、嘉遠国のある東大陸は、地球の東アジアの国に似ているから、ワインよりは、焼酎ような物が好きなのだろうと考えた。

全く文化の違う国に連れてこられたのだから、姫がストレスを感じてもおかしくはない。

後日、アイリスは昭嬉姫のいる宮殿へ向かった。

姫が大声をあげ、侍女を追い出す場面にでくわす。

昭嬉姫は、自分の異父兄弟が王に即位したにも関わらず、祖国が自分を国に戻すよう動いてくれなかったので、最近特に荒れていた。

アイリスが彼女の部屋に案内されると、この前はリザ皇妃が来て今度はソリアが来た、酒の相手でもしにきたのかと、酔っぱらった昭嬉姫が待っていたのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」78話の感想

ソリアは皇宮に住み込みになるので、息抜きや身動きに制限があるので、なかなか大変そうですね。

そしてリザ皇妃は、アイリスはミサーラ子爵をわざと推薦したのではと疑っています。

アイリスが来てからというもの、ミサーラ子爵は脱獄し、ハワードは女性問題で騒ぎを起こしているので、リザ皇妃の立場がどんどん悪くなっていますからね。

それでも術師で有能なアイリスを手放すわけにもいかないので、脅しをかけたようです。

アイリスはなんとも思っていませんでしたが、怯えたフリをしたので、相手を油断させることは出来そうですね。

今回新しく、他国の姫が登場しました。チマチョゴリを着ていたので、韓国っぽい国のようですね。

アイリスなら簡単に仲良くなれるでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください