漫画「捨てられた皇妃」最新話128話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた皇妃」最新話128話のネタバレ

美優は、これでは勝つために戻ってきたのに張り合いがない、つまらないと言う。

アリスティアは、その言葉に怒る。

私に負けたことなど一度もないじゃないか、皇后争いなど退くと言ったのに、さらにどうしろというのだ、私のものを全て奪っただけでなく、転生後に努力してきた計画を全て無駄にしたくせにと叫ぶ。

恋も地位も名誉も全て奪ったくせに、戻ってきてまで何故そこまで敵対視するのかと。

美優は、アリスティアが早死したからそのようなことが言えるのだと言う。

どういう意味かとアリスティアが聞き返すも、理解できないだろうと言われる。

アリスティアは、二度と私を怒らせるな、最後の警告だと言い、その場を去るのだった。

その後アリスティアは、ラス家とベリータ家に手紙を書いた。

ベリータ公爵とアリスティアは会い、彼らから剣身を貸してもらい、両家と情報を共有しながらゼナ公爵、貴族派について調べることにした。

手始めは、名門一族の脱税や密輸を調べることに。

ベリータ公爵の病弱な長男アレクシスは数年元気だったが、イリア嬢と結婚した後、また悪化したらしく、ベリータ公爵は密かにアレンディスを探しているらしい。

彼は今どこにいるのだろうと考えるアリスティア。

目の前に座るベリータ公爵は、これまで多くの混乱があったが、派閥の利だけを考えれば何が何でもアリスティアを皇后にしただろう、私たちも応援していることを忘れないで欲しいと話す。

その後、ラス公爵からもアリスティアの決心を歓迎し、応援する手紙が届いた。

リタに、ディアス伯爵一族について何か知らないかと尋ねる。

侍女の知り合いはいないそうだが、伯爵夫婦はとても仲が良いこと、夫人はとても思いやりにあふれ屋敷の使用人は彼女を慕っている、週に一度は平民地区で慈善活動をしており、信心深く多額の寄付をしているという噂を聞いたことがあるそうだ。

現在監視が行き届いていない、平民地区で慈善活動ということに、なんだか引っかかるアリスティア。

するとルブリスから成人祝いの贈り物が届いた。

同封されていた手紙には、直接渡したかったが、その日には参加できない、先にお祝いを送っておくと書かれていた。

それはオルゴールで、蓋をあけると、皇族の証であるティアラをつけたアリスティアの人形が飾られていた。

ドキっとするが、これはただの贈り物なのだからと、考えを振り払う。

その後、成人式でモニーク家領地にて狩猟大会をやるつもりだったがのだが、突然皇命が下り、皇室の狩猟場に場所が変更になった。

皇族しか使えない場所なので拒否したかったが、ケイルアンも皇命にはさからえず、アリスティアは仕方なくその命に従う。

これでは婚約解消宣言を撤回したと勘違いされるのではと、アリスティアは気が乗らない。

浮かない表情の彼女に、貴族派のミルワー侯爵令息が、何故か親し気に話しかけてくる。

貴族派の調査をしていても、派閥の中心勢力であるミルワー侯爵家についてだけ何も情報がないので、アリスティアは警戒する。

すると予告なしに突然ルブリスがやってきた。

狩りをしたのも随分前だから気になって来たのだと言う彼。

気遣ってくれたのだと気づいたアリスティア。

するとダンスの曲が始まった。

成人式のダンスは新しく生まれ変わった自分をお披露目するもので、自分の意思でパートナーを選ぶことができ、誘われた方は拒否できない。

このタイミングで曲が始まればパートナーは決まったようなものだ。

アリスティアは気まずいながらも、ルブリスにパートナーになってもらえるか尋ねると、彼は光栄だと微笑んだ。

そうして二人は踊りだす。

ルブリスは、3年前の自分の成人式のときも君と一緒だった、あの時は・・と何か言おうとするも、すぐ何でもないと取り消す。

ダンスが終わり、アリスティアが礼を言うと、ルブリスはぐいっと彼女を抱き寄せるのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話128話の感想

美優は、アリスティアが処刑された後も生き残っていましたが、順風満帆ではなかったようです。

じゃあやっぱりお告げの子じゃないのでは。美優を犠牲にして帝国が繁栄したのかもしれませんが、それはちょっとおかしいですよね。

結局美優をこの世界に無理矢理引き込んでもダメだったという、ビタ神のダメダメっぷりがわかっただけですね。

今回の美優が貴族派にすり寄っているところを見ると、過去ではこれから貴族派がどんどん力をつけていくのでしょうね。特に、あのミルワー侯爵令息が怪しすぎます。

124話から登場しましたが、なんだか裏がありそうで、あまり関わりたくない人物です。

さて、アリスティアの成人式に、ちゃっかりルブリスが参加し、初めのパートナーも務めました。アリスティアにお願いされて、とても嬉しそうです。曲が終わっても離れたくないみたいですし。

これはまた美優に難癖つけられそうですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください