漫画「帰還者の魔法は特別です」50話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

人類を襲った最悪の災害・影の迷宮にて、最後まで生き残った6人のうちの1人デジール・アルマン。ラスボスの討伐に失敗し、人類は滅亡。死んだはずの彼は何故か13年前に転生。いずれやってくる影の迷宮に備えて、強い仲間を集め運命に抗うファンタジー漫画です。

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、アゼストはデジールの隣に座ったり、二人きりで会いたいというので、ロマンティカが嫌がる。

その後、デジールの部屋に来たアゼスト。平面で使うグリースの魔法を、どうやって立体に使ったのかといい、デジールはポリゴンで細分化しそれぞれ演算するのだと教える。

すぐ自分自身で実践するアゼストは、勢い余ってデジールを壁に押し付ける。そしてその状態のまま、パーティーに入れてほしいと頼むのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「帰還者の魔法は特別です」50話のネタバレ

訓練が始まってから7日、ロマンティカはついに空き缶から球体を完成させた。

喜ぶロマンティカを褒めるデジール。そして次のステップに進もうという。

ランク3になるための下地作りができたので、あとはデジールの力で構築することが可能だという。

ただしロマンティカの同意が必要だと。

どうして同意が必要なのかと聞く彼女に、直接肌に触れる必要があるのだが、その部位が心臓の近くなのだそうだ。

ロマンティカはハっとし、この変態と叫ぶ。

だから同意が必要だといったのだと慌てるデジール。

同意できるわけがないスケベ野郎と、ガチで怯えるロマンティカに、ランク3を構築するには必要なのだと説明する。

背中をさらすのは嫌だろうなと言う彼に、胸じゃないのかと気づき、それならとロマンティカは了承する。

何と勘違いしたのかという彼に、うるさい変態、勘違いなんてしてないと、怒鳴る彼女なのだった。

小部屋に入り、カーテンを閉めるデジール。

ロマンティカは服を脱ぐ。

ロマンティカは服を抱え椅子に座ると、私はランク3になれるだろうかと聞く。

あんたのことは信用しているが、本当にできるだろうかと弱気になるので、ロマンティカならできると言い切る彼。

お前なら絶対にできるから心配しないでと言い、ロマンティカの背中に手を当て、目を閉じ集中するように指示。

そして深呼吸をし、体の中のマナをゆっくり外に出すように言う。

ドバっとでるロマンティカのマナ。

駄目かもと不安がる彼女に、きちんとキャッチするするから怖がらずに続けて、とデジールは言う。

ロマンティカのマナは思ったより大量だった。

マナが飛んでいかないように、油断せずキャッチしなければ。

そして、球体を作ったときのようにマナを円形に凝縮してくれと指示。

彼らの周囲のマナがオーブ型になると、次は俺の番だからそのまま維持していてという。

するとロマンティカが痛いと苦しみ始めた。

そのまま我慢してと言うデジール。

マナを整え回転させると、引力を持ち周囲のマナを引き寄せ始める。

このマナの源、小さすぎると魔法の威力が弱くなり、大きすぎると余裕がなくなり源が壊れてしまうので、絶対に間違えてはならない。

ロマンティカの限界を正確に見定め、ランク3を構築するのだ。

辛いだろうが、もう少し我慢してくれと、痛みで苦しむ彼女を思う。

必死に痛みに耐えるロマンティカ。

誰か助けて、と心はボロボロだ。

その痛みの渦から、大丈夫だと救い上げてくれたのはデジールだ。

そしてようやく終わった。

デジールは彼女に上着をかけると、お疲れ様といい頭を撫でた。

これでロマンティカは、ランク3の魔法使いになれたのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」50話の感想

デジールのとんでもない訓練をなんとかやり遂げたロマンティカ。デジールを信頼しているからこそできたのでしょうね。

それはその後のマナの源の構築のときも同じで、涙ぐむほどの激痛でも、やはりデジールの存在があったからこそ耐えれたようです。

デジールのパーティーは、いい人間関係ができあがっています。

前回アゼストもこのパーティーに入りたいと話していましたが、彼女もまたロマンティカのように、信頼し合えるでしょうか。

さてついにランク3魔法使いになったロマンティカですが、どのように強くなったのでしょう。

デジールが後で見にいくと話していたプラムについても、ケイラフを圧倒できるようになったのか気になりますね。

まとめ

・ロマンティカはようやく空き缶から球体を作ることに成功

・今度はデジールが彼女の背中に手を当て、マナの源の再構築を試みる

・痛みに苦しむロマンティカだが、彼を信じ耐え続け、ついにランク3の魔法使いになれたのだった


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください