漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、リザ皇妃主催のパーティーにて、皇妃に注目してもらうために、流行を先取りしたクリノリンタイプのドレスを着るアイリス。

一方、ミサーラ夫人はアイリスにも屈辱を味わわせてやろうと、フォレスト邸の侍女を買収し、パーティー中にアイリスのドレスに何かするよう指示。

アイリスがパーティー会場に着くと、ハワードがやってきてアルコールを勧める。判断が鈍るので断りたいが、リザ皇妃の甥のハワードに恥をかかせるわけにはいかず、アイリスは困惑する。

そこへ助け舟を出したのは、あの金髪の青年。彼はヴァレンシアガ公爵なのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」16話のネタバレ

ハワードは公爵にアイリスを紹介する。

すると周りが、病気で屋敷に引きこもっているのではなかったのか、デビュタントもまだで、社交界は従姉妹に任せっきりだとヒソヒソ話す。

他人がどう自分のことを噂しようが関係ない、重要なのはヴァレンシアガ公爵が最後の切り札になってくれるかどうかだ。

公爵はハワードからアルコールを受け取り、酒を無理強いするのはよくない、良かれと思ってやったことも相手を苦しめることもあると注意する。

ハワードは、皇位争いに負けて公爵に成り下がった癖にとイライラする。

そこへリザ皇妃がやってきた。

公爵は、陛下に謁見した帰りにパーティーのことを耳にしたので挨拶に伺ったのですと話す。

何故陛下にと聞くリザ皇妃。

彼は話し相手が必要そうでしたのでと答えると、リザ皇妃は、皇子がいるのに他人をと笑う。

だが彼は、血がつながっているので他人とは言えないと否定。

笑顔ながらギスギスしている二人。

リザ皇妃は初めて見るアイリスに気が付き、アイリスは皇妃に挨拶する。

アイリスの家門フォレスト家は、唯一皇位継承争いに加わらなかった侯爵家で歴史もある、家門にのさばる泥棒さえ片付ければ甥のハワードは侯爵になり、自分にとって大きな力になるとリザ皇妃は考えていた。

皇妃がアイリスのドレスのデザイナーを聞くと、アイリス自身がデザインしたと答える。

ボリュームのあるスカートで腰の細さが強調されて、とても素敵なデザインだ。

初めて皇妃様にご挨拶できる特別な日だからと答えるアイリスに、それでは私のためにかと皇妃は上機嫌に微笑む。

リザ皇妃側につくつもりなのかと公爵は厳しい目になるが、それなら俺を尋ねたりしないと彼女の意図を考える。

彼は離れたところに控えていた部下に目配せすると、部下はどこかへ向かった。

リザ皇妃は自分のテーブルにアイリスを呼び、他の令嬢の札とアイリスの札を取り換える。

令嬢らはせっかくリザ皇妃に近づけるチャンスなのに、フォレスト家のおでましではとガックリする。

侍女のリタとソフィは馬車で待機しようと話していると、買収された侍女がすごく大事なお言付けがあるので、アイリス様のところに行かなくてはと言い出す。

子爵夫人が必ず、と口走ってしまったため、どういうことかとソフィに問い詰められる侍女。

ソフィの迫力にたじろぎながらも、メモを渡すよう頼まれただけだからと、なんとか言い逃れようとする彼女。

だがメモを寄越しなさいとソフィ達に詰め寄られ、そのメモらしきものを落としてしまった。

その紙には刃物が包み込まれていた。

その頃アイリスとリザ皇妃はドレスの話で盛り上がっていた。

ハワードと公爵のおかげで注目を浴びることに成功したので、アイリスは確実に印象づけようとしていた。

リザ皇妃の方は、出身が良く、どんな話題にも対応できる賢いアイリスを欲しいと考えていた。

立つ瀬がない他の令嬢たちは、アイリスが術師だという噂を聞いたのだと言い出し、アイリスの立場を危うくしようと企むのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」16話の感想

ヴァレンシアガ公爵のおかげで、酒を飲まずに済み、注目を浴びることも成功しました。

狙い通りクリノリンドレスはリザ皇妃の目をひき、アイリスの弁才も相まって、皇妃はかなりアイリスに興味を持ったようです。

ですが、リザ皇妃は公爵と対立しているので、一番協力を得たい彼に勘違いされないかどうかということと、アイリスが術師だと他の令嬢が口を挟んできました。

術師という特殊な才能があるのでさらに欲しい人材だと思われるか、怪しく思われて距離をとられてしまうか、どうなるのでしょう。

また、公爵が目で何か指示していましたが、その外見から彼は四人衆の一人リュウのようですね。一体何を指示したのでしょうか。次回わかりますかね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください