漫画「皇帝の一人娘」174話の作品内容のネタバレと感想

漫画アプリ・ピッコマ、comicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

突然、血の皇帝と呼ばれる暴君の娘として転生してしまったアリアドネ(通称リア)。子供殺しも厭わない彼の元で生き抜いていくために、愛嬌を武器に生き抜いていく。

かわいい絵柄にパンチの効いたセリフが面白い、転生&恋愛ファンタジー漫画です。主人公のリアを中心に、彼女と関わる人との心の交流を描いています。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、アヒンにどうして家出したのか説明する羽目になったリア。これたから予定を聞かれ、ブレティに行くつもりだと話したら、危険なのでアヒンもついていくと言い出した。

面白くないハーベルが口を挟み、二人は喧嘩しそうになるが、リアが仲裁する。結局アヒンも同行することになり、この旅行は大丈夫なのかとリアは不安になる。

少し時間は戻り、リアが家出する当日のアグリジェントでは、ハーベルがカイテルに挨拶をしていた。なんだかハーベルが気に入らないカイテルなのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「皇帝の一人娘」174話のネタバレ

カイテルはハーベルとリアが噂になっているのが気に食わなかった。

リアを嫁に出す気はなかったが、もし結婚するなら相手は自分レベルの男でないと認められない。

この世界を制覇した男にやるのすら惜しむほどなのに、ハーベルはもってのほかだった。

プレツィアの姫レイルラもハーベルらと一緒に帰国するので、カイテルに挨拶しに来た。

彼女についてはリアをいじめるのではないかと気にしたことが有るが、杞憂に終わった。

その後、外出禁止にしたため、へそを曲げているであろうリアを、一緒に食事しながらなだめようと思うカイテル。

しかし彼女の部屋はもぬけの殻だった。

不吉な予感がするカイテルは、物を破壊し、怒りをまき散らす。

そこへシルビアが現れ、宮の外に出たと報告する。

シルビアの首元に突き付けた剣を振り、彼女の髪を少し切り落とすカイテル。

侍女らは怯え震えている。

騎士団を2つ見張りにつけていたのになんたるザマだと思ったカイテルは、この宮で働く人間をすべて死刑に処すと言い放った。

シルビアは、カイテルにリアからの手紙を渡す。

そこには、外をどうしても見たくなったこと、カイテルに話しても許可がもらえないだろうから黙って発つこと、自分の宮の使用人をクビにしたり怪我を負わせたり、罰するようなことになれば二度と戻らないことが書かれていた。

シルビアの顔を見ると、彼女は何も知らないようだった。

カイテルは仕方なく、死刑を撤回する。

ホッとする使用人達。

カイテルはすぐに皇都閉鎖と国境封鎖を指示。

ペルデルに大騒ぎされるだろうが、それどころではないのだ。

さらにヴィテルボの双子とグレシットを呼びだすよう指示した。

そうして1日が経ったが、まだ何の報告もなかった。

ペルデルは国境を封鎖したことで騒ぐ。

カイテルは無視し、まだアグリジェントを出ていないかどうか、大陸中を調べるにしても時間がかかりすぎると考える。

リアが幼い頃は、1日中連れまわしても誰も文句を言わなかったので良かったが、成長とともに自分の手から離れていくのが我慢ならない。

カイテルは、首都や国境の警備以外の軍を全員出動させると言い出した。

戦争でもする気なのかとポカーンとするペルデル。

そのつもりはなかったが、娘を連れ戻す邪魔をする者がいれば仕方ないと思うカイテル。

ペルデルは、するなら俺をクビしてからにしとろとぎゃんぎゃん騒ぐので、同行するように指示する。

ひとまずリアがいつも行きたがっていたアンシップへ行こうとカイテルは考える。

だんだん娘とのかくれんぼが面白くなってきたカイテルは、逃げれるところまで逃げろ、捕まえたら二度と家出などできないようにしてやるとほくそ笑むのだった。

漫画「皇帝の一人娘」174話の感想

親子の壮大な隠れんぼが始まりましたね。

案の定、リアが家出したと知ったカイテルは、物を破壊し、怒りをぶちまけました。ただの暴れん坊です。

リアに協力すると言ったシルビアは、命を張りながらも、リアからの手紙をカイテルに手渡しました。リアはカイテルが暴れまわることを察していたので、あのような内容で書き残しておいたようですね。危うく、侍女や騎士団が巻き込まれて殺されるところでした。

カイテルは自分ほどの男でも嫁にやるのは惜しいと考えていたので、リアの婿候補が存在しない状態です。ハーベルでもだめなら、アヒンでもだめだろうし、そうこうしているうちにリアも年をとるので、どうするつもりだったのか。

さて、今スヘルトーヘンボスにいるリアですが、カイテルに追いつかれてしまうのでしょうか。もし見つかれば、ハーベル達と戦争になるのではと思うのですが、どうなるのか心配ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください