漫画「外科医エリーゼ」最新話91話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

傲慢不遜だったため、皇帝である夫リンデンに火炙りにされた前世を経て、2度転生したエリーゼ。過去の人生に戻った彼女は、今度はナイチンゲールのように医療で人々に尽くすことを決める。そして悲劇は繰り返さないと、婚約者であるリンデンを避ける彼女。そんなエリーゼをめぐる恋愛ファンタジー漫画です。

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、リンデンもエリーゼも回復しつつあった。そこへエリーゼの父エル侯爵が現れ、リンデンに礼を言うと、彼女を帝国へ連れ帰った。

数カ月後、リンデンの作戦がうまくいき共和国を抑え込むことができ、戦争は終結する。

エリーゼが帰国した春から季節はまた冬へと変わり、彼女の兄クリスは、皇太子の秘書をやることになり、皇太子が戻り次第異動になる予定だった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

各エピソード一覧はコチラ

漫画「外科医エリーゼ」最新話91話のネタバレ

エリーゼのためにケーキを買って帰るクリス。

家に戻るとエリーゼがおらず、使用人に聞くと、本日病院が休みのため出勤していないとのこと。

すると外から彼女の悲鳴が聞こえたので、クリスは慌ててそこへ向かう。

するとそこでは、エリーゼとチャイルド家のユリエンが、仲良く雪合戦をしていた。

クリスは、こんなに寒いのに外に出たら、また風邪を引いてしまうと言い、エリーゼの頭に乗った雪をはらう。

でもユリエンさんが久しぶりに来られたからと、はしゃぐエリーゼ。

クリスはユリエンに挨拶するが、やはり敵対家門同士、しかもユリエンは次期当主なので、お互い気まずい。

それに皇太子が帰国したらすぐに、第三皇子と皇位を巡って争いが始まるだろうから、普通にしろというのも無理があるようだ。

ユリエンは、予め申しておきますが、雪合戦は私から始めたのではなく、リゼから始めたのですと言う。

少しふざけただけですと言い訳する彼女に、クリスは、寒いから中に入ろう、今日はケーキを買ってきたと言い、皆で屋敷の中へ。

エリーゼの淹れたお茶に、東方の貴人達が淹れたのではと思うほどの味だと、絶賛するユリエン。

茶道まで素晴らしいだなんて完璧すぎるのではないかと言われ、エリーゼは照れる。

リゼの不思議なことが1つや2つではないと思うユリエン。

行政部ではリボルバーと呼ばれるクリスが、妹にはあんなに甘いなんてと。

彼の推進した政策で、貴族派が受けた損害は少なくなかったので、リボルバーは、貴族派が勝手に名付けたニックネームだ。

ユリエンは、エリーゼが帝国最高の皇室十字病院の主席教授と、皇宮侍医にスカウトされるだなんてすごいわと話す。

皇帝陛下の容態が悪いとは聞いていたが、陛下が自分に皇宮侍医を指名するとは、エリーゼも予想外だった。

陛下は、リンデンから頼まれていることもあるし、エリーゼに褒美を渡したいと思っているのだが、前例のないことで反対は避けられず、法的な手続きもあるので処理されるまでに時間がかかるが、それまで待っていてほしいと、エリーゼに話していた。

彼が頼んだこととは何だろう。

ユリエンは、皇室十字病院は高名な医者が多いから、若い姫君に対し、きつく当たるのではと言う。

そういう方がいるかもしれないが、そのような目には慣れているからと、それでも大丈夫だと答えるエリーゼ。

以前に私に不満を持つ教授が何人かいたが、自分が必死にやっていれば、いつかは認めてくれるものだ。

ユリエンはそろそろ帰ると言うので、また会えますかと聞くエリーゼ。

ユリエンは、私は大丈夫だけど、リゼの方が忙しいじゃないですか、今日は久々の休みだろうし、と話す。

次の休みのときにはまた是非と、エリーゼはユリエンに甘える。

子犬みたいとエリーゼを可愛く思うユリエン。

でもリゼにはその時間がないのでは、もうすぐ皇太子が戻ってくる、ほぼ10ヶ月は会っていないでしょうと、ユリエンに言われ、エリーゼはドキっとする。

エリーゼが敵に捕らわれたとき、皇太子があなたを救うために死も辞さなかった話は、帝国中に広まっているのだと言われる。

人々が皇太子のことを世紀のロマンチストだと呼んでいるとも。

頬染め、口ごもるエリーゼを見て、ユリエンはうらやましいと思う。

近々また会いましょうと言って、ユリエンは帰っていった。

一人になったエリーゼは、リンデンを想う。

かつてはリンデンが自分を処刑する悪夢を毎日のように見たが、最近見る夢は、ただ温かく微笑んでくれるものだけ。

リンデンの微笑みを思い浮かべ、早く会いたいと呟く彼女なのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話91話の感想

重苦しい戦争の話も終わり、帝国での日常エピソードになりましたね。

ユリエンと雪合戦をしたりと、普通の女の子としてはしゃぐのは珍しいですね。気持ちにゆとりが持てる日々に戻れたようで良かったです。

クリス兄は、妹を溺愛するイメージしか無く、レン兄のようにパッとしなかったのですが、やはり名門家だけあり、彼もかなり有能なようです。騎士として戦場にでるよりは、政治に関わっていたほうが良さそうなので、やはりエリーゼが医師として戦争に参加してて正解でしたね。

貴族派のユリエンは、さすがに皇室派のクリスとは気まずそうですが、代が若い世代に移るときに、こうした貴族と皇室の派閥争いがなくなるといいですね。

日常パートに戻ったとはいえ、エリーゼはまた忙しくなりそうです。どんどんと色んな肩書が着いていきそうですね。

そんな彼女と次回ついにリンデンが再会するのでしょうか。彼女は気持ちの整理がきちんとついたようですね。彼に伝えたいこととは何かわかるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください