漫画「カッコウの許嫁」1話のあらすじと感想!ネタバレ有り

週間少年マガジンで連載中の「カッコウの許嫁

「ヤンキー君とメガネちゃん」や「山田くんと七人の魔女」を書いた漫画家・吉河美希さんの作品です。

1話目は、漫画アプリ・マガポケで無料で読めます。

こちらの記事は、どんな作品かざっくり知りたいなど、参考程度に読んでみてくださいね。

漫画「カッコウの許嫁」1話のあらすじネタバレ

勉強詰めだが、学年順位が万年2位の海野凪。

彼は、目黒川学園高校の2年生で、生真面目な本人とは真逆のチャラくて騒がしい父・母・妹と4人で暮らしていた。

実は彼は取り違え子なので、一人だけ毛色が違うのだ。

そのことが発覚したのが1ヶ月前で、いよいよ本日、取り違えられた両家が面会する予定なのである。

妹は、本当に相手の家の子供になるのかと聞いてくるが、16年もこの家で育ってきて今更そんなこと考えられないと彼は言う。

彼はライバルに勝つために、今日も図書館で勉強すると言って支度を始めた。

妹は、お兄ちゃんいなくなったらやだなと言って涙ぐむ。

そうならないために会うことにした、そっちの家の子にはならないとガツンというためになと言って、慰める渚。

その後、凪は図書館へ向かう途中に、歩道橋の手すりに座り今にも飛び降りそうな少女を見つける。

目があった瞬間、凪は叫び、早まるなと言って駆け寄った。

これは違うと言う彼女は足を滑らせ、助けようとした彼とともに歩道橋に倒れる。

その際彼女の胸を触ってしまった渚は、ビンタされる。

落ちた彼女のスマホは録画中だった。

彼女は、動画を撮ってインスタにあげるために、自殺するフリをしていただけだそうだ。

くだらない、炎上するぞという渚に、それが狙いだと離す彼女。

フォロワーは沢山いるからフォロワー稼ぎではなく、炎上騒ぎを起こし結婚する気はないと親を説得するためなのだそうだ。

渚も俺も取り違え子問題があると言い、お互い家族間の悩みがあることを知る。

彼女は私立オルフェウス女学園の2年、天野エリカだという。

金持ちのお嬢様が通うオル女で、しかもクラスの奴らがマジかわいいと噂していた人物だと知る彼。

インスタの画像を見て加工かと一瞬疑うが、実際の彼女を見て、加工ではなかったと頬を赤くする。

彼のことも聞かれたので校名と名前を言うと、超名門進学校じゃないとエリカがくいついた。

突然、私の彼氏になりなさいよと言う。

渚は、誰がお前みたいなメンヘラ女とと逃げ腰になると、フリをするだけだと言われる。

今どき許嫁とかあり得ない、しかも相手は会ったこともない、だから深く愛し合う超有望な彼氏がいると言って親を騙すのだと。

凪は協力する気はないと断るが、さきほど凪が彼女を助けようとして胸を触ってしまった場面が録画されており、それを学校に送ると脅されてしまう。

仕方なく、両親達との面会時間までの2時間限定で協力することに。

彼氏のフリをするにはどうしたら良いのかと聞く凪に、ウケると笑うエリカだが本人もよくわらず、スマホで検索しセックスと結果がでたと言う。

どんなやり方で検索したのかと呆れる凪が、彼女のスマホをみようとすると、弾みで二人が収まった写真が撮れた。

俺と撮った写真を使えばいいのではという彼。

でもこの写真じゃハプニング丸出しだからと、撮り直す。

エリカの髪からいい匂いがしたので、凪の鼻の穴が広がった写真が撮れてしまった。

表情はともかく、そのへんの人感が漂うので、エリカは彼を連れショッピングへ。

彼氏とリンクコーデした友だちを真似て、カップル感を演出しようとしたのだ。

実際着てみて、服がかぶっているだけではという凪をよそに、彼の分も合わせ計50万弱の支払いをカード一括で払うエリカ。

千円しか持っていなかった凪は、それは支給品だからあげるというエリカの財力にたじろぐ。

服装に合わせ、ウェイな感じで写真におさまれと言われるが、どうも変になる凪。

私の彼氏ならもっと強そうにしてくれと言われ、睨みをきかした写真も撮るが、親の説得にこの写真は必要なのだろうか。

桁外れの行動ばかりとる彼女に、もしかしてエリカの家はヤクザかと聞くが、ホテル王とガチ金持ちの返答だった。

じゃあ何故その強そうな写真が必要なのかと聞くと、強そうな方が親も口出しできないかなと単純な答え。

色々撮ってみたがどれも自然じゃないというエリカ。

その時の空気感が伝わるのがいい写真だと思う、だから自分はあまり写真加工しないのだと。

だからやっぱり、最初のハプニングで撮れたこの写真にするという。

一番仲良さそうだし、なんか笑っちゃうでしょうと、微笑む彼女。

そして彼女は両親に、実は彼氏がいると文字を打ち、写真を添付し送信する。

すぐ、面白い冗談だねと父から返事が。

バレてしまった、こうなったらセックスするしかないという彼女に、なんか他にあるだろうと凪がなだめていると、今のはどういう意味かと少年らが3人現れた。

彼女が清純なお嬢様学校に通っているからこそフォローしているのだと言うので、こいつは清純だぞと凪は教える。

この少年らは隣の高校の生徒なのだが、少し前に特定されてしまいストーカーされているのだという。

凪は誰かと聞かれ、無視しようというエリカの言うことを聞かず、契約上の彼氏だと正直に答える凪。

思い上がるな、イチャイチャするなと言って殴りかかってくる少年だが、凪の1発で少年はふっとばされた。

二度と天野に近づくなと凪がいうと、少年らは謝りながら逃げていった。

両親が元ヤンなので、売られたケンカは全て勝つよう教育されてきたのだという凪。

それを聞いた彼女は、私も婚約者を殴ればいいんだ、それぐらい抵抗すれば話はなくなると言う。

それもどうかと思うが、炎上動画よりはマシかと思う凪。

そこへ、運転手が迎えに来た。GPSでつけられていたようだ。

車に乗り込んだエリカは、今日はありがとう、もう二度と会うことはないだろうから言うけどと前置きし、こんな性格だから友だちもいない、今日はデートしているみたいで楽しかった、結婚相手が凪くんだったら良かったのにと微笑む。

なんてねと言って、去っていく彼女。

凪は、こっちからごめんだと言いながらも、頬を赤くする。

時計を見ると、面会までもう時間がない。

慌てて現地へ向かい、遅れましたと待ち合わせ場所に駆け込んだ凪。

はじめましてと、優しそうな男性が挨拶してくれる。

遅いから来てくれないかと思ったという男性は、本当の親だからか凪に似ている。

俺の親は育ての親の方だとハッキリ言ってやると彼が真剣な表情でいると、育ての親のほうが、親同士で勝手に決めたことなのだが、どちらも16年育てているので可愛い子供には違いない、だから二人が結婚してしまえば二人共自分の子供になると発見したのだと言い出す。

何言ってるのと言う凪に、本当の父が、娘からのメールで写真を見たときに驚いた、すでに二人は恋人同士だったんだねと言う。

そして、改めて紹介するよ、取り違え子になってしまった娘のエリカだと言って、あのエリカが登場した。

なんでと騒ぐ凪に、こっちが聞きたいとパニックのエリカ。

二人の結婚が楽しみだと言うエリカ父。

凪が困惑していると、エリカが約束は守らないとと言って、とりあえず彼を殴るのだった。

そしてこの日、彼に許嫁ができたのだった。

そのことで彼はある決心をする。

それは常に学年トップの成績を持つ、瀬川ひろ、彼女に告白することだ。

彼女の好きなタイプは、自分より頭の良い人なので、1位をとったらこの女に告白すると、ずっと心に決めていた。

許嫁ができた以上、もうのんびりはしていられないのだ。

今度の実力テストで、瀬川ひろを越えるつもりの凪。

兄が実の兄でないと知って、思うところのある妹。

凪との写真を眺めて、嬉しいのか何なのかなんとも言えない感情を持つエリカ。

それぞれの恋の物語が始まるのだった。

漫画 「カッコウの許嫁」1話の感想

この作者さんの漫画はとても楽しみにしていました。

どの作品も爽やかで面白いからです。登場人物も憎めず愛嬌のあるキャラクターばかりで、作品内容もテンポがいいので、本当に凄い方だと思います。

今回もとても面白そうです。以前に読み切りがあったようなのですが、そちらはチェックしていなかったので、今作とどのように違うか少し気になりますね。

ケンカが強い万年2位の凪、ちょっと頭のネジが緩んでいる美少女エリカ、凪の妹、天然だけど学年1位の凪の想い人ひろ、の四角関係で話が進むようです。

五等分の花嫁のように、ヒロインレースがある展開なのでしょうか。あちらの方は既に決着がついたので、今度はコチラの漫画で仕掛けるのでしょうかね。

やはりエリカが正ヒロインでしょうか。妹とひろの性格がまだどんなものかわからないので、今後が楽しみですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください