漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」34話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも能力を維持したまま復活する、スケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、クリスティーナに勝利を譲った彼。彼女にまた会えるかと聞かれ、縁があればと答える。そしてエラストの騎士にだけはなるなと警告する。

ギルドに戻ったレナと彼は、数々のダンジョン任務をこなした。レナだけ遠くの支部にテストを受けに行かねばならず、彼は単独でダンジョン任務を行うことに。次の任務は、彼の復讐相手ネクロン紳士会が関わっているとの情報であった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」34話のネタバレ

夜、ダボダボの服を着たゴブリンのような肌色の何者かが、森の中を必死に走っていた。

馬に乗り、ボウガンを放つ人間の集団に追われていたからだ。

左腕に矢があたり出血し、痛みで膝をつくが、助けを待つ誰かのために、その人物は逃げ続けるのだった。

一方、骸骨の彼。

装備がグレードアップして、従来の紫の鎧から、グレーの鎧に変わっていた。

ネクロン紳士会が関わっているというダンジョンの任務について、スライムから話を聞く。

そのダンジョンに出入りするものは、皆首にネクロン紳士会を意味する蛇の入れ墨があり、最近ネクロン紳士会はダンジョン討伐に力を入れているらしい。

まるであの女王クモのときのようだと考える彼。

今回のゴブリンのダンジョンは、様々な鉱物が埋蔵されている鉱山で、特に希少な血石が発見されるとのこと。

スライムは手にとってそれを見せ、このように血のような赤が特徴の石英の一種で、魔法の材料にもなる貴重な鉱物なのだと説明する。

依頼をクリアすると、前金の10倍の報酬を受け取れるので、今までとは桁違いの金額だが、その分危険が伴うだろうと。

依頼内容も、ダンジョン討伐ではなく、ダンジョンの正常化なので、かなり難しいだろうが、それでも引き受けるかと問われる彼。

彼は勿論引き受けた。

そんな彼だが、出発そうそう道に迷ってしまう。

どうすればと困惑していると、付近から犬の吠える声がする。

血が転々と地面に付いており、彼が草をかきわけ声の主を探すと、トラバサミの罠にかかった子犬か狼のような生き物を見つけた。

必死に吠えて、彼に訴える犬。

彼は、私の知ったことではないが、と前置きしながらも、剣でその罠を破壊する。

足が自由になった犬は、傷口をペロペロと舐め始めた。

これからは気をつけろと言い、彼はダンジョン探しに戻る。

とりあえず方向は合っているはずだと、彼が移動を始めると、犬が慌てて彼の前に立ちふさがる。

ワンワン吠え、何かを訴えているようだ。

恩人なのにと吠えるなと、彼はシッシと犬が遠くに行くよう手を振る。

しかし、1歩も動こうとはせず、彼に吠え続ける犬。

助けてやったのにコイツと、彼は呆れながら、犬を無視して先へ進む。

犬が慌てて、ワンと吠えた。

すると、彼の足元が突然崩れ、落とし穴に落ちてしまう。

なんとか剣を土壁に突き刺し、底までは落ちずに済んだ。

落とし穴の底は大きな針の山で、串刺しになった先程の犬の仲間の死体があった。

穴のふちから、彼を心配して吠える犬。

なるほど、私を助けたくて邪魔をしたのかと、彼は納得する。

とりあえず一旦底に降りた彼だが、この深さでは一人では抜け出せそうにない。

どうしたものかと彼は困惑するのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」34話の感想

この漫画の特徴は、人間の男性殆どが外道で、女性と非人間が善という感じで描かれていますよね。今回も、何かを助けるために必死に逃げるゴブリンぽい者と、ヒャッハー状態の男性ハンター集団という形でした。彼の世界はなかなか悲惨に思えます。

彼の今度の任務は、ネクロン紳士会が出入りしているダンジョンの正常化です。彼らがダンジョン内を破壊しまわっているのでしょうか。ネクロン紳士会をダンジョンから追い出せば正常化なのか、それとも他に何かあるのか、まださっぱりわからないですね。

そして、今回はレナ無しの単独任務ですが、いきなり道に迷ってしまいました。レナがいないと初っ端から躓いちゃう彼。いかに彼女が彼のサポートとして役に立っていたかがわかりますね。

そのおかげで、哀れな犬を1頭救うことができました。穴に落ちて死んだのは、犬の母親でしょうか。

そして穴に落ちてしまい、脱出できなくなった彼。ここでもレナ不在が悔やまれますね。どうにか犬が助けを呼んできてくれるといいのですが。

またあのゴブリンぽいものも、どう彼と絡んでくるのか気になりますね

まとめ

・彼が単独で挑むのは、ネクロン紳士会が関わるダンジョンの正常化というもの

・道に迷った彼は、罠にかかった犬を助ける

・彼は犬の警告に気づかず、脱出不可能な深い落とし穴に落ちてしまう


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください