漫画「帰還者の魔法は特別です」29話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

──人類を襲った最悪の災害・影の迷宮にて、最後まで生き残った6人のうちの1人デジール・アルマン。ラスボスの討伐に失敗し、人類は滅亡。死んだはずの彼は何故か13年前に転生した──

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、デジール達は9位以内に残るために、他パーティーが交戦中に他の生徒を脱落させる作戦を立てる。

少し時間が経つと、プリビウスの時計塔の鐘が鳴り、1時間に1匹魔物が発生するのでそれを討伐する新クエストが開始された。

異変を感じ構えるデジール達に襲い掛かってきたのは、無数のネズミとそれを操る巨大ネズミ。逃げるタイミングを失ったため、ネズミと戦闘になるのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」29話のネタバレ

無数のネズミが迫ってくる。

悲鳴をあげながら逃げるロマンティカ達。

貴方の知識がこの悪魔の正体を把握中であり、このモンスターは大量のネズミを手足のように扱う2級悪魔のキルドラマウスだと、アナウンスが入る。

主食は人間の血で、一度狙った獲物は諦めないのだと。

ロマンティカは、ウィンド・ブローという突風の魔法をネズミの群れに撃ち込むが、数が多すぎて全く効果がない。

デジールは、マナを消費するな、とりあえず逃げるぞと指示する。

これでは追いつかれるから、どうにかしてと涙目のロマンティカ。

方法が全くないわけではないが、より良い方法はないか、デジールは走りながら考える。

目の前に大木が倒れていたので、ジャンプして飛び越える一行。

ロマンティカは着地に失敗し、転んでしまう。

そうこうしているうちに、ネズミの群れが大木を破壊しながら迫ってきた。

デジールは、解決策は司令塔を倒すことだ叫ぶが、ネズミの群れの中から司令塔を探すのは困難だった。

彼は立ち止まり手袋を外すと、自分の手に噛みつき、悪魔の好きな血を飛ばした。

その血に反応して、キルドラマウスが群れから飛び出た。

その瞬間をロマンティカが、ウィンド・ブレット(風の弾丸)を悪魔に放ち命中。

しかしさすがに2級悪魔だったため、倒すまでのダメージにならず、また群れの中に戻ってしまった。

またデジールは走って逃げようと指示するが、プラムが剣を抜き、ネズミの群れに突進した。

デジールが止めるのも聞かず、ネズミの群れに入る彼。

ネズミだらけの暗闇の中、プラムは司令塔と探そうと集中する。

司令塔はさっきの魔法で傷を負ったはずだから、その痕跡を探すのだと。

デジールはプラムを助け出そうと、ネズミをかきわけて彼の名を呼んでいた。

ロマンティカは魔法で探すかと聞くが、それだとプラムが怪我をするからダメだと却下される。

必死にネズミをかき分け続けるデジール。

すると、ネズミの塊から、キルドラマウスを串刺しにしたプラムが飛び出てきた。

キルドラマウスはそのまま消え、対象を倒したとアナウンスの声がする。

大丈夫かと、プラムに駆け寄るデジール。

プラムはそのまま意識を失い倒れた。

プラムの頑張りのおかげで、生存クエストをクリアすることができたのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」29話の感想

ネズミの群れは気持ち悪いですね。ロマンティカもプラムも涙目でした。生理的にも衛生面でも受け付けないモンヌターは、何よりも恐ろしいです。

デジールとロマンティカは協力してキルドラマウスに魔法を当てますが、止めをさすまでには至りませんでした。

プラムはネズミのことが気絶するほど嫌いなのですが、皆が頑張っているので自分も頑張ろうと、飛び出たようですね。

相当精神的にまいったのか、討伐後失神してしまいました。プラムのおかげで、無事クエスト終了しましたが、まだまだ影の世界は続くので、今回彼が失神したことで不利にならなければいいのですが。

失神しただけで、生存不可なほどのダメージを負ってないから、プラムは脱落にならないですよね?なんとか3人で最後まで頑張って欲しいところです。

まとめ

・ネズミの群れを操るのは2級悪魔のキルドラマウス

・デジールが自身の血でキルドラマウスを釣り、ロマンティカが狙撃するが倒せず

・プラムがネズミの群れの中に入り、キルドラマウスを串刺しにして成功。だが彼は気絶する


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください