漫画「捨てられた皇妃」45話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」

漫画 iNA氏、 原作 Yuna 氏の韓国漫画です。

皇妃でありながら夫に処刑されたものの、また同じ人生を子供の時点から転生しやり直すという、転生がベースの恋愛ファンタジー作品。

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、ルブリスはダンスパートナーとしてアリスティアを誘う。そつなく踊る彼女に、アレンディスとの仲を疑うルブリス。そして何故自分を恐れるのか尋ねる。さらに今後の彼女については、前世と変わらない皇妃にしようと提案する彼。アリスティアはまた同じ運命になってしまうと恐れる。そこへ皆をざわつかせる誰かが現れたのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「捨てられた皇妃」45話のネタバレ

遅くなり申し訳ありませんと、登場したのは、第二騎士団長ケイルアン・ラ・モニーク。アリスティアの父親だ。

彼女は行方がわからなくなっていた父親の帰還に、目に涙をため感激する。皇帝は彼にねぎらいの言葉をかける。

ケイルアンは、今日このルブリスの成人式に帰還できるよう集中して職務をこなしたため、連絡まで手が回らなかったのだと言う。皇帝は彼に少し休むよう促し、自分も移動しようと席をたつ。

アリスティアも席をたち、ケイルアンにパパと呼び掛け再会を喜ぶ。 涙がポロポロとこぼれる彼女。

それを見た皇帝は、アリスティアはまだ幼いと、微笑ましく話しかけた。

ケイルアンは肯定し、アリスティアは成人したルブリスに仕えるには力不足と言う。

そしてケイルアンは、自分の後継者を決めようと思いますと話す。時間が止まるルブリス。

皇帝は後妻を迎えるのかと彼に聞くが、そのつもりはないし、決してそうするわけにはいかないことを、誰よりも皇帝がよく知っているはずとケイルアンは答えた。

アリスティアはたった一人の跡継ぎですといい、そうはさせないと当初言っていたケイルアンの意見が変わり皇帝は驚く。

ルブリスは考えた。彼女が後を継ぐから剣術を始めたり、自分にあのような態度をとったのかと。

ルブリスは突然のことで困惑していること、アリスティアに気配りをせず嫌な思いをさせたかもしれないが、彼女は神が選んだ自分の伴侶であることを話す。それなのに後を継がせるのかと。日を改めて話し合おうとルブリスは提案するのだった。

皇帝等は移動し、ケイルアンのもとへカルセインの父、第一騎士団長がやってきて親睦を深める。

カルセインは、アリスティアにアレンディスと揉めていたことについて何があったか聞くべきなのかと悩み、ため息をつく。

カルセインとも親しく話すアリスティアを、ルブリスは眺めその場を去る。

運命が変わり始めたアリスティア。これからどこにたどり着くのか彼女にはわからない。

宴も終わり屋敷に戻ると、父親が彼女に心細い思いをさせたと膝に乗せ頭を撫でる。眠りにつくまで傍にいてくれるという。彼女はとても安心した。

翌朝、窓の外からの騒々しい音で目が覚める彼女。窓をあけ様子を伺うと、そこには驚く光景が広がっているのだった。

漫画「捨てられた皇妃」45話の感想

自分の運命を変えようと色々行動してきた彼女。その努力は実り、何故か音信不通だった父親が突然戻ってきて、彼女を跡継ぎにすると宣言。思いがけない助けがあったわけです。

このまま婚約破棄になればいいのに、ルブリスは彼女を手放す気はないようです。神のお告げだからなのか、それとも個人的に何か別の感情があるのか。

過去であんなことを彼女にするようなルブリスは、今は普通でもその最低な素質を持っているわけなので、彼女から離れてもらいたいのが正直な気持ちです。

前回でもちらっと出てきましたが、彼女が覚えていない過去に何か重大な問題があるようですね。今回のケイルアンの話も何か意味深でした。一体何があったのか気になりますね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください