漫画「アデライド」8話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

原作はChae Habin氏、漫画SUHO氏の転生恋愛漫画です。

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争がテーマです。

毎週火曜日に最新話が更新されます。

前回までのあらすじは、ロータス嬢から逃げたアデルは、金髪のイケメンから呼び止められ、休憩室を貸す代わりに、友人のエリアスのダンスパートナーになってほしいと頼まれる。そしてその金髪の男性はなんと皇太子なのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アデライド」8話のネタバレ

ニコラスが皇太子だとわかり、無礼なことをしていないかと焦るアデルは、慌てるながらアデライド・カミリエ・ボルボンだと自己紹介し謝罪する。

本人がそもそも隠していたのだから大丈夫とフォローされ、処刑されたり牢屋に入れられたりしないと不安げに聞くアデライド。エリアスは、ニコラスはそんなことしないし、自分が止めると話す。

それならと、休憩室の利用許可はまだ有効ですよねと、いきなり元気になる彼女。ポカーンとしたあと吹き出す紳士たち。勿論だというニコラスに、人生はタイミングだと皇室の休憩室に入れることを喜ぶアデライドなのだった。

そしてニコラスの休憩室に案内してもらう。内装はやはり豪華だ。アデルの召し使いがくるまで座って待つことに。

幸せを噛みしめ、笑みがこぼれるアデル。その笑みは何かとエリアスが聞くと、素敵な殿方が二人もいて嬉しくってと飄々と答えるので、彼女は皇太子と同じタイプの人間だと確信するエリアス。

ところでルイはいないのかと聞くアデル。彼女は、異次元から来たと言うルイがどんな人か会ってみたいから帝都まで来たのだ。ルイの話題に不機嫌そうなエリアスに、恋人が無関心だとルイが悲しむとアデルが言う。

エリアスは我慢の限界で、ルイは恋人でもなんでもない、愛する者も婚約者もいないと言い切る。

では体だけの大人の関係なんですねと赤面するアデルに、エリアスは半切れで否定。寝室から裸で出てきた噂は誤解とのこと。

ニコラスは、ルイは自分たちの嫌いな人間の一人だから、何も無いんだと説明。

異次元の少女と結ばれる貴族の、映画のような物語を期待していたアデルはガッカリする。

話していくうちにアデルの従姉妹がジェスティア侯爵嬢で、その相手がエリアスの補佐官のルーカスだと判明。

社交界デビューでなくルイ目的で帝都まできたアデルを利用できると考えたニコラスは、アデルにエリアス公爵邸に行くことを提案するのだった。

漫画「アデライド」8話の登場人物

アデル=アデライド・カミリエ・ボルボン・・・16歳。地方の伯爵の令嬢。地球にて新人デザイナーだった若い女性が、交通事故で死亡後、この世界に赤ん坊として転生し、ここまで育った。青い目、親ゆずりの赤い髪が印象的な少女。

フェリックス・エリアス・・・20歳。ビチェルン帝国の公爵。帝国一二を争う美男子。銀髪に紫の瞳。

ルトビッヒ・フィン・ニコラス・レイカルト・ビチェルン ・・・20歳。ビチェルン帝国の皇太子。エリアスに匹敵するほどの美男子。金髪の優男。

ルイ・・・17歳。異次元より転生し、皇宮の湖の上に現れた女性。皇太子を誘惑後追い出され、エリアス公爵が引き取ったが、そこでも問題を起こした。異次元より来たことから聖女にしようと、現在力を失った教会が利用しようとしている。黒髪黒目のアジア美人。

ロータス嬢・・・アデルと同じ地方の公爵。かなり裕福な家で、いつも自慢ばかりするのでアデルから避けられている。

ルーカス・・・アデルの従姉妹、ジェスティア侯爵の娘のラリサの婚約者。エリアス公爵の補佐官としているが、皇太子も便乗して彼を補佐官として仕事をさせている。

漫画「アデライド」8話の感想

アデルとニコラスに翻弄されそうなエリアス。家にはルイが待ち受けているし苦労人です。アデルにだけは、ルイとの噂の真実が伝わりましたね。帝国中に広まるには一体どれほどかかるのでしょう。

アデルは中身はアラフォーなので、肝が座っています。皇太子相手に、休憩室まで利用できますよねと強気なのですごいですね。これならルイ相手でも動じず対応することができそうです。運命か、偶然なのか、彼女を選んだ皇太子もさすがです。

アデルをルイにぶつけるために、エリアス公爵邸に行くよう促す皇太子。話がなかなか進まないように感じていたので、ようやく大きな動きがありそうでホッとしました。このままどんどん進んで欲しいですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください