漫画「私の輝く世界」62話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマ独占で掲載されている「私の輝く世界」

作者はMaru氏の韓国の恋愛漫画です。

主人公は、他人の悪意が黒い影となって見える女子大学生の結芽。

その能力のせいで、家族や誰とも親しくなれずひとりぼっちで生きていた彼女を、桜色の髪の毛をした千隼という青年が支えます。

こちらの漫画は既に完結しておりますので、最終話までまとめていこうと思っております。

前回の話はコチラ

それでは62話の内容をまとめていきます。

漫画「私の輝く世界」62話のネタバレ

カウンセリングで全てを思い出した結芽は悲嘆する。

彼女を黒い影が覆い始める。千隼は自分が嫌いではないのか、なぜ自分と一緒にいるのかと辛い。

結芽の母親は、そのときから千隼と縁があり、彼と家族にお詫びの気持ちで面倒をみさせてもらっていたと言う。奇跡的に意識を取り戻した千隼は、結芽の無事を確認しほほ笑んだという。

自分はやるべきことをやっただけだし、二人一組で動くところを守らなかった自分が悪いからと話す千隼。結芽が記憶を無くしていることを伝えると、辛い思いをするから自分のことは言わないでくれと言う。

そうは言っても貴重な時間も、大切な人も失い、本当は辛かったはず、この呪いのような黒い影のせいでと涙を浮かべる結芽。

一方、廃工場の千隼と三浦ケン。千隼があの時の事故の警察だとわかったところで、ケンが押したわけじゃないし、逃げたという証拠もないと言いはるケン。

当時ケンが大学進学のことで親ともめていたことを知っている千隼は、八つ当たりの矛先が間違ってると言う。この状況で何をどうするか知らないけど、一人でどうにかしてみろとケンは去る。実は手錠がかかっている手すりの上部が壊れていたのだった。

勝俣茜が千隼を痛めつけようと現場にくるが、見当たらない。そこへ千隼が話しかけ、三浦ケンが全て茜のせいにしてたがいいのか聞く。茜は肯定し、千隼さえ捕まえられれバそれでいいと言う。千隼の真後ろには数人の気配があった。

実(みのる)は千隼のことが気になり、家の前に来ていた。千隼のケガが結芽のせいだと知ったからだった。それでも誰も結芽のことを悪く言うものはいないし、黒い影の話も笠貫家では知られていることだった。

千隼がどういうつもりで結芽と付き合っているのか理解できなくて、怒鳴ったりもしたが、そんな自分を悔しく思う実。千隼は結芽に心底惚れていたのだった。

千隼と連絡がつかず、実と結芽が合流する。三浦ケンが何かしたのではと、怒りを覚える実。

そこへ千隼の同僚のヒロも来て、何者かが侵入し千隼の私物だけ荒らされていたことを話す。驚く結芽の携帯に千隼からの着信があるのだった。

漫画「私の輝く世界」62話の登場人物

近藤結芽・・・主人公。生まれつき他人の悪意が黒い影となって見える能力がある。黒い影は一度なると消えないものと思っており、他人を避けて生活していた。カウンセリングを受けることで過去を思い出し、自分のせいで千隼が怪我し、婚約者に捨てられる羽目になったことを知る。

笠貫千隼・・・結芽と一緒に事故に巻き込まれた警察官。今はリハビリ中で髪もピンク色になっている。結芽を気にかけ度々会うたびに惹かれ、今では恋人に。結芽の理解者である。

三浦ケン・・・家出グループをまとめていた結芽と同い年の青年。自己中心的なため、結芽をえこひいきし、ピンチには見捨てるような行動をとる。今は一人だけ親と和解した結芽にむかつき、八つ当たりしようとしている。

勝俣茜・・・結芽の大学の先輩。ひとりぼっちで過ごす結芽を初めはかばい面倒見の良い先輩を気取っていたが、実は他人を束縛する性格で、結芽と仲良くなるものを全て排除し自分に依存させようとしていた。ねずみ講をしており、気に入らないものはそこで痛い目に合わせるようなことをしており、素性がばれ逃げていた。そこをケンが利用しようと近づき匿っていた。

・・・千隼の姉の息子。結芽に家庭教師をしてもらっていて、結芽に好意をもっていた。切れると歯止めが効かない性格。

ヒロ・・・千隼の同僚で、一緒に住んでいる。

漫画「私の輝く世界」62話の感想

結芽は自分が引き起こした事故を思い出し、それが千隼の運命を大きく変えてしまったことを知ったのでした。まさかこんなことになるなんてツライですよね。

それでも側にいてくれる千隼の器の大きいこと。みのるも、結芽を敢えて惚れさせてあとで振るのかと邪推してましたが、惚れてしまったからと答える千隼の爽やかさ。千隼のお姉さんも理解があるし、素敵なご家族ですね。

三浦ケン&勝俣茜のコンビが、やっかみや八つ当たりで千隼を付け狙います。ただでさえおかしなことをしているのに、千隼は警察官です。知らないはずはないと思うのですが、後先考えず襲ってしまうあたりが軽薄なんでしょうね。

千隼は無事逃げ出せるといいですね。


それではここまで読んでくださってありがとうございました。

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください