漫画「緑陰の冠」8話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」8話のネタバレ

ランは、ユスタフに処刑を命じられ、ギロチンによって斬首される。

しかも顔を上に向け、落ちてくる刃を見る形でだ。

首が落とされた瞬間、恐怖で悪夢から目覚める。

この世界に憑依したときに、別人に変わってしまったことと周囲の様子から、自身が書いた小説内だと気づいたが、謝りにきたユスタフに感情がなかったのを見たことで実感した。

彼が虐待を受け、感情をなくしてしまうように書いたのは自分なのだと、罪悪感をもった。

ユスタフに信頼されていないので命も危うかったが、彼が当主になるまで猶予があることと、原作を知っているから対策がとれるはずだと、気を取り直す。

とりあえず、今日会うゴールデンローズの人に騙されないようにと、空に祈った。

貴人を迎える謁見室・エメラルドの間にて、ゴールデンローズ商会長リベリー・リバティという、金髪の美しいエルフの女性と会う。

まさか商会長が来てくれるとは思わなかったと、ランが挨拶する。

この少し前、ゴールデンローズに届けられた小さな魔石と手紙を見たリベリーは、革命だと直感し、ここまでやってきたのだが、商会長を男だと公表しているにも関わらず自分を一発で見抜いたので、ランについてただ者ではないと察し緊張する。

ランは、6ヶ月間ゴールデンローズ商会に魔石の独占権を渡すので、前払い金100万ベラトでどうかと、取引を持ちかけるのだった。

漫画「緑陰の冠」8話の感想

ギロチン逆向きで処刑されるなんて、えげつないですね。

原作のランは既に死んでいるのに、どうしてこのような悪夢を見てしまったのでしょう。自分の立場が非常に危ういから、ストレスでここまで酷い夢をみてしまったのかと考えていますが、まるで本来迎えるべき運命かのように怪しい夢でしたね。

今は魔石を見つけて、公爵家の借金対策も頑張っているのに、それが覆されるほどの何かが起きてしまうのかと心配になります。

さて、公爵家を救うべく、ゴールデンローズの商会長と面会しましたが、商会長はエルフでした。エルフ耳なだけでエルフではないかもしれませんが・・・。魔獣や魔法がある世界なので、そのうち獣人とかも登場したりして。

リベリーにかなりの金額での取引を提案したようですが、原作を把握しているランのことなので、うまくまとまるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください