漫画「緑陰の冠」6話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」6話のネタバレ

リンドバーグ男爵は、ロス卿ではなく他の護衛をつけるよう勧める。

ランが断ると、ランの母がリンドバーグ男爵にしていた1万ベラトもの借用書を見せ(3千もあれば騎士団の装備を一新してもお釣りがくる)、男爵の息子ロビーと結婚するならば、借金を帳消しにしても良いと言う。

従兄弟のロビーは、酒、女、ギャンブルに溺れたクズなので、ランは血の気が引く。

だが財政が安定するまでは、あからさまに敵を作るべきではないと判断し、やんわり断る。

相手を立てて、その日の面談はなんとか終わらせる。

その後、深夜まで仕事を続けるランに対し、ロス卿が、そろそろ休んではどうかと声をかける。

実はロス卿に信頼してもらうために、リンドバーグ男爵との会話を、別室の配管を通して聞いてもらったのだ。

一方、伝統的に皇帝達が教育をうけてきたという、帝国アカデミーに通うユスタフ。

アカデミーに通う令息令嬢は、卒業後も同期として繋がりをもつが、ラチア家はそのような伝統から一歩ひいた立場だったため、ラチア家で初めて入学したユスタフは周囲の注目を受けた。

帝国の公爵三家、氷壁のラチア・白銀のミロ・薔薇のウスラの中で、大賢者が眠りし所であり、帝国より遥かに長い歴史をもつラチアは、最も閉鎖的だったのだ。

ユスタフは注目されるのを煩わしく思う。

部屋に戻ると、早く卒業して戻ってきてという、ランからの手紙を見て表情を緩める。

ロス卿からの手紙には、ラチア家の借金を返す手立てがあるからと、彼女が騎士団長を氷壁の洞窟に送ったことが書かれていた。

ユスタフは返事を書きながら、木の事故の日から、彼女が別人のように変わったことについて考えるのだった。

漫画「緑陰の冠」6話の感想

リンドバーグ男爵は、ラチア家を乗っ取る気満々なので、面談するのも面倒ですね。しかも言うことをきかないならばと、借用書で脅してきました。

もちろんランの母親が悪いのですが、あまりにも高額なので、その金額は本当なのかすら疑わしいですね。会計官の粉飾決算があったことですし。

ただ叔父の乱入のおかげで、ロス卿からの印象がかなり変わったようです。ランとしても、やましいところはないので、どんどん会話を聞いてもらって信用してもらいたいでしょうね。

一方、帝国アカデミーに通うユスタフですが、孤高の存在として変に注目されているようですね。

ありがちなのが、アカデミーでヒロインに出会うというものですが、このアカデミーではどうなのでしょう。

皇帝達が伝統的に教育を受けてきたとのことなので、皇太子なども通っているのでしょうか。他の公爵家の子供達も通っているのか気になります。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください