漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」47話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」47話のネタバレ

武装したアナキンに抱きつくネラ。

アナキンはすぐさまネラを引き離し、武装している騎士に抱きつくなと言い、踵を返す。

ネラは、勤務中だからかあのように緊張しているようだ、と嘘をつく。

普段は妹のように可愛がってくれるのだと言うと、家に招待するから是非アナキンを連れてきてくれと令嬢達が盛り上がる。

その後、ケイトン家主催の、名門貴族の令息令嬢だけのパーティーに参加するネラ。

皇室警備隊長のアナキンと親しいということで呼んでもらえたのだ。

アナキンと親しくなることができれば、ヴァレンシアガ公爵殿下、モーガン卿、オパール卿らと接触できると考え、ネラは歓迎された。

操りやすい令嬢達だと冷めた目で見つめるネラ。

とある貴婦人の周りに人が集まっていたので、誰だろうと注目していると、ローヘンハイムに従属している、ウィンハイト公国の大公妃だと教えてもらった。

従属と言っても税金と引き換えに帝国領海を共有する協力国のようなもので、鉄と電力石の埋蔵量は帝国を上回っていた。

公国の君主オスカー大公には誰もが怯む等、ここまでネラが詳しいのは、オスカー大公がアイリスと同じ赤い瞳をしていたからだ。

そのルビーアイの持ち主は、大公とアイリスだけなのだ。

大公妃はリザ皇妃に匹敵する後ろ盾だと考え、子供のいない大公妃に娘役で可愛がってもらおうと企む。

アイリスの力を使わなくても、自分の力でアイリスを踏みにじることができると、面白がるネラ。

とある日、雨が降りとても寒かった。

本格的に秋がくるようだ。

薄暗い屋敷の中、アイリスが侍女とともに歩いていると、ハーガス子爵が廊下で待っていた。

会議の日以外は出入りを禁じたはずだとアイリスが言うと、ハーガスは、グライフ家から婚約書が届いたといい、一通の封筒を差し出した。

過去より3年も早く来たと驚くアイリス。

結納品も届いたので、早く返事を書いて欲しいと促すハーガス。

アイリスは、気持ちが固まっていないと断る。

ネラとハワードの悪事を掴むために、先にソリアになって結婚し、ネラとハワードの不倫を暴いて離婚訴訟を起こすつもりだった。

だからハワードと婚約するべきなのはわかっているが、まだ婚約から逃げていたかったのだ。

スカートを握り締めるアイリスを見て、ハーガスは鼻で笑うと、ここまでフォレスト家の力になってくれる家が他にあるというのか、と彼女を怒鳴った。

これまでお嬢様を尊重し大人しくしていたが、あなたがこのような有様ではフォレスト家の財産は消えるだろう、だから税率をまた上げるしかないのだ、まさに暴政だと彼女を罵った。

アイリスは激高した。

このような情けない姿をみたら、侯爵様はさぞ嘆いたことでしょうと、アイリスの変化に生意気だと思い、彼女を罵り続けるハーガス。

アイリスは、一度たりとも宝石やドレスで贅沢したこともない、金に目がくらみ事業に手を出し領民を苦しめたこともないと怒鳴った。

ハーガス子爵始め、フォレスト家の家臣はこのように自己中心的な人物ばかりだ。

彼らにも私と同年代の孫や娘がいるだろうに、どうしてこのようなことをするのか理解できない。

私はあなた達の金づるなのでしょう、バカで利用しやすい小娘だと影でバカにしながら、金を横流ししたのはそちらじゃないかと怒鳴る。

証拠はあるのか、証拠もなく長年フォレスト家に仕えてきた老いぼれを罵るのかと、勝ち誇った表情のハーガス。

豊かな静養地を探しておくからそこですばらく休まれると良いと、彼女をバカにし、立ち去ろうとする。

アイリスはソフィに、アナキンが自分につけている護衛に、ハーガス子爵をつけさせろと命じる。

そして予星館の地下に閉じ込めろと命じるのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」47話の感想

ピッコマでは省略されていたのか、単にUPし損ねたかわかりませんが、本家のkakaopageでは、ネラは会いたかったと言い、アナキンにべったり抱きついていました。

ピッコマだと、突然アナキンが抱きつくなと怒っているシーンからなので、前回の終わりと繋がらず、よくわからないですよね。

アナキンに親しげに抱きつく姿を見て、他の令嬢は、まあ、と頬を染めます。ここまでがカットされているようです。

※↑の箇所は直っていました。きちんと抱きついていました。

さて恐ろしく狡猾なネラ。順調に自分の居場所を作っています。確かにアイリスの力などなくても、彼女はそこそこ生きていけると思うのですが、それでもアイリスを踏みにじるのが目的なのですね。

アナキンとアイリスとの繋がりを周囲にアピールしているので、正確にはアイリスの影響力を利用してますけどね。今後は攻略が難しいアイリスより、アナキンをいいように利用しそうで怖いです。

さらに小国ながら影響力のあるウィンハイト公国の大公妃に目をつけました。ネラなら簡単に取り入りそうですね。

オスカー大公とアイリスだけが、ルビーアイだと言っていましたね。アイリスの母が彼女のルビーアイを隠そうとしていたので、アイリスのこのルビーアイは、オスカー大公と血縁だという証なのかもしれません。アイリスの父が、オスカー大公の血縁者だったのでしょうか。

全く関係のないネラが娘代わりになるよりは、血縁の可能性のあるアイリスがゆくゆくは大公妃に受け入れられるのではと思います。

アイリスが術師だと知ったからか、グライフ家から婚約の申し出がありました。悲惨な思い出しかないので、できることなら関わりたくないですよね。こんなことなら、さっさとイアンとお付き合いしていれば良かったですね。

ハーガスに舐められ、激高したアイリスは、ついに大胆な決断をしたようです。ただ捕まっただけでは、ハーガスは折れないと思うので、何か策が必要でしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください