漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」68話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、弟子になりたいと言うレナ。彼は、実力をつけたら会うと言い、グラスミアで落ち合う約束をする。

その後、ギスを助けるために疾走で現地へ向かうが、スキルレベルが上がっていたため、時間がずれ、チャンドラーと遭遇する。勝負したがるチャンドラーに、エラストトーナメントで会おうと嘘の約束をし、別れる。

ギスを探す彼。ギスから彼に接触してきたので、彼女を止めようと話をするが、信じてもらえない。そして皇帝を襲撃するギス。

異次元の黒騎士が出現すると理解した彼女は、もしまた過去に戻り会うことがあればこの言葉を言えば信じるだろうと言い、彼にある言葉を教えのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」68話のネタバレ

結局はギスを助けることはできなかったが、彼女の言葉を忘れないと誓う彼。

それとは別に、ギスから精髄を吸収する。

これで精髄吸収のスキルレベルが上がった。これにより死後7日までなら50%までの精髄が吸収でき、即時使用可能になった。

皇帝の馬車に押しつぶされた魔法使いたちの死体が目に入った。

前回は容量オーバーで吸収できなかったので、今回は見逃すまいと吸収を始める。

電撃、ダブルキャスティング等スキルを吸収するが、魔法使用には魔法を溜めるためのアーケインハートが必要なため、魔法関連スキルを使うことができないと通知が。

心臓のない自分には縁のないスキルのようだ。

魔法使いのスキルの中には、瞑想というものもあった。

瞑想中には低い確率だが、悟りを獲得できる可能性があるという。

悟りは剣気に必要なスキルだが、まさか剣と関係のない魔法使いから獲得できるとは思わなかった。

このようなことから、なるべく色々な人物から精髄を吸収したいところだが、出ている数は前回よりも少なかった。

イザベル・シモーヌを除いては。

下手に彼女に手を出して、またバティエンヌに関わりたくない彼。

イザベルには手を出さず、空間魔法を見つけたがそれもすぐに使うことなく、疾走で山小屋まで逃げる。

レナと無事に合流するために、バティエンヌが追って来ていない確認する必要があった。

わざと前回と同じ行動をとる。

山小屋に来る途中、子狼の骸骨を仲間に加えた彼。

この子狼がいれば、バティエンヌの追跡に気づくことができると考えたからだ。

ついでにケビン・アシュトンの本を読み、知恵を獲得する。

前回声に出して読んだ「割れた欠片に触れること」という箇所には、前回にはなかった1/7という数字が足されていた。

前世で、その欠片というものに触れたのかもしれないが、記憶が多すぎてどれのことか見当もつかない。

今度は瞑想をはじめる。

集中力が高まった彼は、バティエンヌはじめ強者の剣さばきを真似ることにした。

夢中になりすぎて、体力が0%になっても続ける。

無理に動き続けると、永久に体力が低下すると渓谷が出るが、彼はやめなかった。

あともう少し、と頑張る彼は悟りを習得した。

そしてついに剣気を使えるようになったのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」68話の感想

ギスを救うことができなかった彼。もし次回があるならば、彼女に生きていて欲しいですね。彼女の知識は相当なものです。

その後、精髄吸収をする彼ですが、前回とダブった精髄は出なかったようです。イザベルのものも吸収したいところですが、あの粘着質なバティエンヌに追われることになるならと、彼はイザベルの吸収を諦めました。ちょっと勿体ないです。

その後、魔法使いから吸収し、使うことのない魔法関連スキルと合わせて、瞑想を手に入れました。これのおかげで、ついに剣気を使用可能になりましたね。

体力が永久に低下してしまったのが気がかりですが、念願が叶いました。これで、これから出くわすであろう強者たちに、対等に渡り合えますね。

まとめ

・ギスを救うことはできなかったが、彼女からまた強力なスキルを手に入れる

・瞑想中に悟りを得られるかもしれないという、魔法使いから瞑想のスキルを吸収する

・悟りを習得し、彼はついに剣気が使えるようになる


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください