漫画「バトリの息子」55,56話 読んでみました あらすじまとめ

バトリ用

バトリ用

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「バトリの息子」

ビロは矢が刺さり、オリビアは逃げようとしたところバトリ大公に捕まります。


55話
時間の感覚がなくなる程、暗闇で手枷をつけられ吊るされているオリビア。バトリ大公が檻越しに話しかける。真実を話せと言ってくるが、ここから逃げたいと言ったのを協力してもらっただけとオリビアは答える。バトリ大公は不倫をしたと信じて疑わず、お腹の子もあの男の子なんじゃないかと言う。大公は男をしつこく拷問して不倫したと無理矢理認めさせたのだ。そして罪を認めたのだからと処刑していた。
力を使えば誰だって嘘をつく、そんな嘘をつかなければならない程拷問を続けるなんてとオリビアは非難する。大公は苦痛こそが真実を剥き出しにすると反論。
拷問をして自分の欲しい答えだけ手に入れたいなら何故オリビアにはしないんだと、どうせ何を言っても大公の耳には届かないと激しく非難すると、大公は激昂した。だがバトリの血を引く貴重な種馬なので、矯正すると言ってまた暗闇にオリビアを閉じ込めた。
オリビアは夢を見た。白馬の王子様がオリビアを迎えに来て、幸せな結婚をし、可愛らしい子供が二人生まれて、なんの心配もない穏やかな日々。まるでビロのような夫と。
ビロもまた同じ夢を見ていた。オリビアとの幸せな家庭を築く夢を。
ビロはラスロの影武者として、何年も死線をくぐっていた。ラスロはビロが矢を受けても毒を飲んでも、いつまでも生き残っているため、兄弟で一番強いのはビロだったと認める。ビロは何も欲しくないのではなくて生が欲しかった、だから生き残り、既に手に入れていたのだった。
ラスロとビロはバトリ邸宅に着いた。ビロがオリビアはと聞くが、大公に無視される。使用人にオリビアの話はしないで欲しいと言われる。何故ならオリビアは去年自ら命を絶ったのだ。
彼女との思い出が溢れビロは涙をこぼした。

56話
ビロが泣きながらオリビアに贈った書斎の本を読んでいると、一枚の紙が落ちた。
親愛なる友よ、で始まる手紙は、ビロがいなくなってから誰もオリビアを気にかけず話しかけもせず惨めな生活だった、蔵書と特別な一冊の本だけが彼女を慰めてくれた、ひどい夜が毎晩訪れるので夢をみたりもしたがそれすらもやめたことが書かれていた。その頃オリビアは毎晩矯正と称して鞭で打たれていた。手紙の続きには、長い橋の上にいるだけだと話したのは覚えているか、橋の途中で死んでしまうものもいる、いつか変わると思っていても必ず未来があるわけではない、できることは絶えず最もマシな選択をすることだけ、これは自ら命に意味付けをする選択なので悲しまないでと書かれていた。
そして最後に、ビロには正しい選択をして欲しいこと、オリビアが見つけられなかったものが本当にあるのか代わりに確かめて欲しいことが書いてあった。
場面は変わり、檻には虚ろな表情の若い男女が閉じ込められていた。フェレンツ公爵がどんな過程であそこまで登りつめたのかは詳しくは知られていないと語る者がいた。フェレンツ公爵は東部の戦争で領土拡大をし、ダムドの反乱後南部を安定させたので皇帝に信頼されていた。だが実情は兄弟間で殺し合いをした愛人の子、あのフェレンツ公爵は次男のビロなんだよとベロっと舌をだして笑うのはイプセン侯爵だった。
フェレンツ公爵は兄の影武者からいつの間にか公爵になり、自身の過去を消したのだと話す。こんな雪辱と裏切りの家は栄光にふさわしくない、イプセンこそふさわしいと驕る。イプセンに話しかけられてるのは、手首を縛られた若い男。その男はイプセン侯爵はフェレンツ公爵と行動を共にしてきたはず、バトリ夫人の件などと問うと、イプセン侯爵は男の美しさと対価にと面白がって答える。名誉も領土も手に触れられないもので自分が欲するのは人のぬくもり、人肌に触れると生を実感するから、より多くの色々な身体、少年や妊婦などを手に入れるために地位が必要なのだと、そのためにフェレンツ公爵を利用したと言ってのけた。今フェレンツ公爵は戦争という火を消すことはせずどんどん燃やし尽くそうとしていた。このことをイプセン侯爵は愛人の子である劣等感からと考え、フェレンツ公爵を切るために皇帝をそそのかし不信感を抱くようにし、フェレンツ公爵を蔑む歌を広めていた。イプセン侯爵は今までこんな話誰にもしたことなかったのに不思議だと言いながら、対価として若い男を味あわせてくれと服に手をかける。僕もですと言ったその男はミゲル。
イプセン侯爵を惨殺し、それを見ても無表情な捕らわれの若者達の檻を開けてその場をあとにする。
外ではキイラが待っていた。あんたの意思で人を殺した気分はどうだとキイラは聞く。ミゲルは、イプセン侯爵は欲望のために多くの命を奪ったから食べれると答えた。覚悟はできてると言うミゲル。


 

真相が色々わかってきましたね。オリビアは大公に間接的に殺されました。大公がオリビア自身を愛さなかったからオリビアにも愛されなかったのに、それを棚にあげて疑心暗鬼になり真実を捻じ曲げる。それはエルジェーベトにまで及び、彼女の人生滅茶苦茶にするところでした。オリビアはビロと結ばれなかったのが本当に悲しいですね。だからフェレンツ公爵はエルジェーベトだけには気をかけてはいたんですね。

イプセン侯爵あっさり退場しました。帝国の権力争いが始まるのかと思ったら、ひさびさのミゲルにむごたらしく始末されました。ミゲルの美貌は誰でも魅了するのですね。しかしあんなおじいちゃんでも食欲はわくんですかねミゲル・・・

キイラの髪がセミロングから長いロングヘアのポニーテールになっていたので、それなりの時間が経っているようですね。

 

それではまた次回に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください