漫画「外科医エリーゼ」最新話68話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」

原作 yuin氏、漫画 mini氏の韓国発、ナイチンゲールをイメージした主人公を描いた、大人気の恋愛ファンタジー漫画です。

毎週水曜日に最新話が更新されます 。

前回のあらすじは、エリーゼが謹慎する部屋はかなり豪華で、豪華な食事や個別トイレ等贅沢な扱いを受けていた。実はその部屋はリンデンの部屋であり、彼女を休ませるために、普段いない自身の部屋を活用しようと気遣ったのだ。

いざ眠ろうと思っても、まさかリンデンと同じベッドに入るのは気が引けた彼女は、ソファーで寝ようとする。すると服がはだけたリンデンが彼女に近づくのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「外科医エリーゼ」最新話68話のネタバレ

半裸の格好でエリーゼに近づいたリンデンは、彼女をお姫さまだっこする。

指1本触れないからじっとしていろと言うが、十分触れているのではとエリーゼは赤面する。

リンデンは彼女をベッドの上に降ろすと、ベッドは広いからここで寝ても良いと言う。

そして、この前は心配のあまり怒鳴って悪かったと謝る彼。

すると彼女は、本当は怖かったのだと打ち明ける。

死ぬかもしれないと思ったら怖くて、手術が終わってからも気が休まらず疲れがとれなかったのだという。

だが、リンデンからの労いの言葉を聞いて心が楽になったのだと話す。

恥ずかしくなり、もう寝ると背を向けて横になるエリーゼ。

そのまま時間は過ぎ、真夜中になるものの、彼女はあれこれ考えすぎて眠れないでいた。

リンデンが前世とは全く違う心優しい人物だったこと、もしかして自分に好意を抱いているのかもということで、混乱するがなんとか寝ようと努力する。

リンデンはリンデンで眠れていなかった。

エリーゼの名を呼ぶが、彼女は眠っていた。

この状態で眠れるのは、自分を男として見ていないからなのかとリンデンは少し複雑だ。

本当はいつものように、顔だけ見たら仕事に行こうと思っていたのだが、実際彼女に会ってしまったら、一緒にいたいという自分の気持ちを抑えることができなかった。

どうしてここまで自分を抑えられないのか、一度でもいいから彼女が自分に向けて心の底から笑ってくれるのなら全てを差し出すだろう。

すると、眠っているエリーゼがうめき始めた。

死なないで、死にたくないと苦しそうに呟く彼女。

以前にもあった彼女が悪夢に苦しむ姿。

リンデンは、夢の中であろうがそなたが苦しむ姿を見たくないと、彼女を抱きしめるのだった。

一方、フランソエン共和国側。

ニコラスの側近ファビアンは、捕虜である剣騎士団の様子を確認しに離れに来ていた。

剣騎士団は二人捕虜になっており、どちらもオーラナイトだった。

オーラとは水力風力など大自然流れる気のことで、そのジュールエナジーを東方から伝わった特殊な丹田呼吸を使い操るのがオーラナイトだ。

オーラナイトは厄介な存在だが、さらにロマノフ皇家の超常能力の神秘さがずば抜けており、代々受け継がれ魔法のような強力な能力である。

それはさておき、これからニコラスがしようとしている計画を進めていいものか、ファビアンは心配であった。

いくら戦争とはいえ、非人道的なことをしてもよいのかと。

オーラナイトはオーラが使えないよう手が拘束されており、その世話はムーア人が行っていた。

担当のムーア人から数日たったので、新しいムーア人に世話をさせていた。

ファビアンはその新しいムーア人に、共和国の兵士が近寄っていないかを確認する。

一定の距離を保ち絶対に近づくなと指示する。

指示された騎士は、何故ムーア人に近寄ってはいけないのか、新しいムーア人は顔色も悪く流血したものもいたと不審がる。

ファビアンは、数日後には帝国に返すからそれまで指示通りにして欲しいと、詳細は言えず苦しそうに答える。

さらに帝国にオーラナイトを返すのかと驚く騎士に、捕虜同士交換することになったのだと説明する。

そしてその日、ミハイルの元に、捕虜となったマックとジャックが戻ってきた。

ひどい目にあったのではと聞くミハイルに、手が拘束されていたので世話役までつけてくれたと話す二人。

二人は、ミハイルの顔色の方が悪いことに気づく。

ミハイルは、心の狭いヤツのせいで営倉送りになったせいだと答える。

そんな彼らのやり取りを、双眼鏡で確認するニコラス。

彼は計画通りに進んでいることに満足そうだ。ついでに剣帝もかかればいいのにと呟く。

現在帝国の剣騎士団がいるのは、シンフェポリを可視圏においている小都市であるプラバ。

新しい駐屯地であるプラバに、じきに司令部もプラバに場所を移すだろうと読んでいた。

ニコラスは、この計画で帝国軍が倒れるのを待ち、2度も自身の策略を破ったエリーゼに復讐しようと考えているのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話68話の感想

急に迫るリンデンだったので、何事かと思いましたが、お姫様抱っこでした。

エリーゼは最近リンデンにきちんと自分の気持を話せるようになってきましたね。

二人の仲が少し進展したようで良かったです。

ニコラスは、ミハイルもかかればいいのにと言っていたので、やはり疫病を流行らせる予定のようですね。

手段を選ばなくなってきたニコラスに、ファビアンは不安そうですね。

エリーゼに対し必ず生き残れと考えているので、相当危険な菌を運ばせたようです。エリーゼは食い止めることができるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください